SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「総理大臣になってほしいアスリート」1位はイチロー
イケメンベスト3は石川・入江・ダルビッシュ

 調査は首都圏と京阪神圏在住の15~69歳の男女を対象に7月に行われ、600件の回答を得た。イメージ総合ランキングは以下のとおりで、人気・実力ともに認められているアスリートが上位を占めた。

1位「イチロー」(野球)
2位「浅田真央」(フィギュアスケート)
3位「北島康介」(水泳)
4位「石川遼」(ゴルフ)
5位「クルム伊達公子」(テニス)

 「勢いを感じる」アスリートには、全英オープン、全米プロで健闘した「石川遼」が1位となり、2位「イチロー」、3位「坂本勇人」(野球)、4位「入江陵介」(水泳)、5位「石川佳純」(卓球)ら、注目の選手が顔をそろえた。

 また、「総理大臣になってほしいアスリート」では、1位「イチロー」、2位「中田英寿」(サッカー)、3位「北島康介」、「イケメン男性アスリート」では、1位「石川遼」、2位「入江陵介」、3位「ダルビッシュ有」(野球)となり、存在感と人気の高さとうかがわせる結果となった。

【関連記事】
「好感が持てるアスリート」1位は浅田・北島を押さえてソフトボールの「上野由岐子」
スポーツの感動が環境を変える? 博報堂DYが研究プロジェクトをスタート
イチロー、WBC決勝直前のイメージ調査でも1位

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング