SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「東京マラソン2010」に31万人が申込み、マラソンは8.5倍の狭き門

 申込者数の合計は、前回より19%増えた31万1441人。種目別に見ると、定員32000人の「マラソン」に27万2134人、定員3000人の「10km」に3万9307人の申し込みがあった。参加枠を2000人増やしたものの、人気のマラソンの競争率は8.5倍となっている。主催者側は抽選のうえ、10月中旬に結果を通知する。

 2007年にスタートした東京マラソンの当時の申込者数は9万5000人。それがスポーツ熱の高まりを受けて、2008年は15万6000人、2009年には26万1900人にまでふくれ上がった。

【関連記事】
高まるスポーツ熱に連動、「au Smart Sports」会員数が100万突破
いつまでも「巣ごもり消費」じゃいられない、節約派も高齢者も「体に投資」
「総理大臣になってほしいアスリート」1位はイチロー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/03 11:45 https://markezine.jp/article/detail/8243

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング