MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電気自動車の充電インフラの需要が拡大、中国市場が最大に

2009/09/09 14:45

 発表された資料によると、プラグインハイブリッドなどの電気自動車の出荷が2010年に本格的に始まることから、家庭や勤務先や街中での充電インフラの需要が増大。2015年には、世界の充電施設数は500万を上回り、機器収益の累計は65億ドルと予測している。

 また、政府の後押しによって、2015年にはすべての給電施設の半数は公共のものとなり、小売店はマーケティングツールとして公共の給電施設を導入することになると分析。中国政府が電気自動車の導入を強力に推進していることから、中国は給電施設市場の半数を占めてトップとなり、米国は二番手となりそうだ。

【関連記事】
ローソン、電気自動車の充電スタンドを設置
都バスで非接触給電ハイブリッドバスが試験走行
トヨタ、新型プリウスベースのプラグインハイブリッド車を全世界で500台リース
ホンダがインサイトの燃費ランキングを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5