SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

20代に多い、食・家族・環境の意識が高い「高感度男性」
そのライフスタイルとは?

 女性のライフスタイルの変化、共働き世帯の増加などを背景に、男性が家庭で果たす役割に注目して行われた調査では、今年1月に20~69歳の既婚男女1200名を対象にインターネットアンケートを行い、それを踏まえて6月に既婚男女11組を訪問してインタビューを行っている。

 「高感度男性」とは、食・家族・環境の3つに対する意識が高く、自分の役割をバランスよく果たす男性のこと。高感度男性は20代の割合が大きく、低感度層は40代、50代の割合が高くなっている。

年代別の属性

 高感度男性は仕事の時間も長いが、家族と一緒に過ごす時間も長くなる傾向が見られ、特に休日は長時間家族と過ごしている。休日は、家族で買い物やテーマパークに出かけたり、外食したり、夫婦で過ごす人が多い。また、日常的に朝食、夕食を家族で食べる割合が高く、特に休日の夕食は9割を占めている。

生活時間:平日と休日 家族と過ごす平均時間(自由回答)

 家事への参加も積極的で、特に家庭内がうまくいっていると感じている妻がいる家庭では、ごみ出し、大掃除、下げ膳、エアコンのフィルター掃除などの実施率が高くなっている。家事を手伝うにしても、妻のニーズを把握して、地道に行動することが重要のようだ。

 また、妻を恋人や同士・相棒ととらえる人の割合は、高感度男性では56.0%に達しており、中感度層(40.2%)、低感度層(12.7%)と大きな差が開いている。

【関連記事】
男性トイレ「座ってする」派が3割超え、家族への配慮でスタイルに変化
夫に強まる“家族重視”傾向、「家族でテレビ」の団らんスタイルは9割超
単身者の平日夜の“内食率”は8割以上
パパは家事より育児が得意?妻の6割が満足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/11/12 14:01 https://markezine.jp/article/detail/8832

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング