SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

社内SNSは若い女性社員が積極的に活用、メッセージ機能も人気

 Beat Communicationは15日、社内SNSパッケージ「Beat Office」を導入している企業を対象にした調査結果を発表した。社内での利用人数を見ると、1000~5000人未満の大企業が4割を占める一方、100~500人未満の企業が27%に達するなど、中小企業でも社内SNSを取り入れつつある現状がうかがえる。

社内での利用人数

 社内SNS導入で期待されているのは「社内のコミュニケーション円滑化」が86%と圧倒的に多く、導入後は8割の企業が効果があったとしている。

 社内SNSを利用しているのは20代から30代の女性利用者が最も多く、若年層の利用者が目立っているが、40代や50代でも男女ともに利用が進んでいる。また、アクセス頻度は、1週間に1回程度のユーザーと毎日1回以上というアクティブユーザーに二極化している。

平均的なユーザーのアクセス頻度

 社内SNSでよく使われている機能は「コミュニティ」と「日記」。2007年に実施した前回調査と比較すると、3位に「メッセージ機能」が入り、前回4位だった「アンケート機能」が下がっていることから、同調査では社内SNSの機能を使った密なコミュニケーションが深まっているのではと分析している。

【関連記事】
ヤフーの社内ツールも公開、サービスの実験場「Yahoo!ラボ」公開
ファイザーの社内禁煙キャンペーンで喫煙率1割低下、禁煙治療費5000円補助
会社がちょっと楽しくなる? サイボウズ、SNS機能付きお手軽社内ブログ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/12/15 12:30 https://markezine.jp/article/detail/9119

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング