SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「リスクがあっても有料リンクを利用したい」中小企業の56.7%【SEMPO Japan調べ】

中小企業では、SEOと検索連動型広告の社内運用が一般的

 調査は自社のインターネットマーケティング担当者を対象に、2009年9月から2010年1月まで行われ、有効回答者は108名(うち、一般SEM利用企業61社、SEM会社17社、SEM非利用者30社)。

 回答のあった企業の72.2%がSEMを非常に重要なマーケティング手段であると認識。SEOを100%社内で実施している企業は38.9%、一部を外注している企業も38.9%となった。また、検索連動型広告については、100%社内で運用している企業が41.4%、一部を外注している企業が24.1%となっており、SEOと検索連動型広告のいずれも社内運用が一般的となりつつある。

どうする?外部リンク対策

 外部リンク対策では、回答のあった企業の26.7%が、何らかの有料リンクを購入。外部リンク対策をSEM会社に外注している企業のうち、25.9%は、作業内容の詳細や被リンク元について知らされていないことがわかった。

 有料リンクの購入によって検索結果の順位の低下などのペナルティを受ける可能性があることについてたずねたところ、「検索エンジンから奨励されていないものは利用するつもりはない」とした企業が40.0%いる一方で、リスクを承知の上で、あえて有料リンク購入をする意向を示した企業は「積極的に利用したい」「リスクが深刻化するまでは利用したい」「必要があれば利用したい」を合わせると、56.7%に達している。

有料リンクの購入はペナルティを受ける可能性がある
といわれているが、これについてどう考えるか

 また、SEM会社のサービスのうち、今後利用してみたいものとして40.7%が「外部リンク対策」を、37.0%が「ソーシャルメディア最適化(SMO)サービス」に関心を持っていることが明らかになった。

【関連記事】
アイレップ、SEOの緊急事態に対応するサービス開始
不況下で伸びたSEO市場、成果報酬型が成長を後押し
SEOに求めるのは「順位」より「成約」 企業のマーケ担当者の半数以上がSEO会社に不満

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング