MarkeZine Day Premium Webinar

2020年を境に、世界は大きく変わり、多くの業界がこれまでの前提や定説を見直し、ビジネスモデルの再考や施策の見直しを迫られています。そして広告・マーケティング領域においても、急速な変化への対応が迫られています。

「MarkeZine Day Premium Webinar」では、多様なテーマでの識者を招き、「実務」「実践」「再現性」の切り口から、議論を深めていきます。MarkeZineのコミュニティで、多くのマーケターと知見を共有しながら、次の一手となるヒントを導き出す場を共創します。

STEP
参加の流れ

1

お申込みページに必要事項をご入力のうえお申込みください。

2

開催前日にメールで視聴可能なウェビナーのURLが届きます。

3

ウェビナー開始時間になったら、URLにアクセスするだけ!

お申込みにあたって

【定期誌『MarkeZine』をご購読中の方】

  • 参加を希望されるウェビナーごとにお申込みください。
  • お申し込みの際には「Order No.」の入力が必須となります。「Order No.」は定期誌をご注文いただいた際の「注文受付のご連絡」メールの件名に記載がございます。

【1冊お試し付きにお申込みの方】

  • 一度お申込みいただくと、すべてのウェビナーに参加いただけます。
    ※ただしお申込み時点で終了した回をさかのぼって視聴いただくことはできません。
  • ウェビナー開催前日に、ご注文時にご入力いただいたメールアドレスへ参加に必要なURLをお送りいたします。当日は、記載のURLにアクセスいただきウェビナーへご参加ください。
  • 定期誌『MarkeZine』年間定期購読にお申込みいただくと、何名様でも無料でご参加いただけます。
    ※年間定期購読にお申込み後、「注文完了メール」にてイベント参加方法のご案内を差し上げます。

SCHEDULE
ウェビナー開催スケジュール

2020年6月26日(金) 17:00〜18:30

Withコロナ時代に実行可能な、ファンとの関係構築

新型コロナウイルスの影響により、大規模イベントの自粛や店舗の営業短縮が続いています。これにともない、オフラインとオンラインを掛け合わせながら顧客との関係性を深めていくマーケティング施策は、再設計を迫られることとなりました。一方、経済の先行きが見通せないなか、ブランドを支えてくれる熱量の高いファンの存在は一層重要になっています。では、Withコロナ時代に実行可能な “熱が伝わるコミュニケーション” とはどのようなものか。ファン・コミュニティ施策に詳しい2名を迎え、議論を深めます。

高橋 遼

トライバルメディアハウス チーフコミュニケーションデザイナー

1983年生まれ。鳥取県出身。広告会社を経て、2010年トライバルメディアハウスに入社。企業のマーケティング戦略構築およびプロモーションプランニング、実行に従事。これまでに大手航空会社、ファッションブランド、スポーツブランド、化粧品ブランド、飲料メーカーなどを担当。著書に『熱狂顧客戦略』。

上村 一斗

メルカリ コミュニティマーケティングチームマネージャー

大学卒業後、カスタマーサポート業界にて複数のコールセンターを経験し、マネジメントにも従事。お客さまに最前線で向き合うことの楽しさを感じ、2016年1月にメルカリに新規サービスのCSチーム立ち上げ担当としてJoin。その後、CSメンバーの採用・育成を担当する部門のマネージャーを経て、2019年7月にイベント等を通じてお客さまとの接点を直接持つCommunityチームを立ち上げる。

※受付は終了しました。

2020年7月1日(水) 17:00〜18:30

ビジネスの前提が変わる中、変化に対応できる強いBtoBマーケ組織を作る

2020年を境に、企業はビジネスモデル変革やビジネスフローのデジタルトランスフォーメーションを急激に求められています。BtoB企業においては、「対面営業から脱却できておらず、非対面営業のビジネスフローの確立が急務」「インサイドセールス組織はあるものの、リモート環境化で機能しなかった」「クライアントの顧客体験の変化に自社組織が対応できていない」といった、様々な課題が顕在化しています。

本セッションでは、コロナ危機によるリモートワーク下でも、急増した問い合せを適切に対処し、案件化率・受注率ともに向上させたブイキューブのマーケティングを率いる佐藤岳氏と、freeeで執行役員/VP of Marketingを務め、先日Web広告研究会 BtoBマーケティング委員長に就任した中東孝夫氏をゲストに迎え、顕在化したBtoBマーケティングの課題への解決策をディスカッションします。

また聴講者の皆様から寄せられた質問に、お二方からご助言をいただき、聴講者の皆様の課題に一緒に向き合い、考える場にいたします。

佐藤 岳

株式会社ブイキューブ マーケティング本部 本部長

ブイキューブのマーケティング部門の責任者として、商談案件の創出をゴールにマーケティングコミュニケーション部門とインサイドセールス部門を統括。 大学在学中の1995年に起業。2000年以降、主にIT業界において、BtoBマーケティングの営業、コンサルタント、および事業会社のマーケティング担当者、デジタルマーケティングを担当。2015年11月株式会社ブイキューブへ入社。2016年4月より現職。2020年5月末の結果は2016年同月末比で、4.8倍の商談件数、6.3倍の金額を受注。

中東 孝夫

freee株式会社 執行役員/VP of Marketing

消費財メーカーにてブランドマネジメントなどを手がけた後、外資系IT企業や大手通信会社でBtoBマーケターとして活動。2001年からデマンドジェネレーション(案件創出)に携わる一方、ブランディング、インサイドセールス、顧客DB構築などBtoBでの幅広い経験を持つ。2019年8月よりfreee株式会社にJoinし、執行役員/VP of Marketingとして様々なマーケティング活動に携わる。

※受付は終了しました。

2020年7月7日(火) 17:00〜18:30

今、広告が果たすべき役割とは?

2020年2月27日(木)に開催予定で延期となってしまったセッションを一部内容を変更してウェビナーにて開催します。

新型コロナウイルスの影響を受け、出稿される広告にも変化が起きています。収録をリモートで行った広告や医療従事者への支援など社会貢献の姿勢を見せる広告、おうち消費を促す広告など、様々です。本セッションでは、現状の広告に起きている変化や、広告が果たすべき役割に関して、現在活躍しているクリエイターとマーケターが語り合います。

牧野 圭太

株式会社カラス代表
株式会社エードット 取締役副社長 兼 CBO

2009年博報堂入社(2015年退職)カラス代表/エードット取締役副社長。#ブランドジャーナリズム という「ブランドと社会を結びつける」クリエイティブ・コミュニケーションを標榜し、啓蒙している。現在、「広告がなくなる日」を執筆中。

井上 政人

オイシックス・ラ・大地株式会社
総合マーケティング本部 本部長/ソーシャルマーケティング室 室長

大阪府出身。高校卒業後、音楽活動と並行して植木職人、木こり、デザイナー、Eコマースディレクターとして活躍。その後、Oisix(オイシックス)に入社。OisixではEC事業本部PR室、統合マーケティング部ソーシャルマーケティング室長を経て現職、統合マーケティング本部長。クレヨンしんちゃん×Oisix、KitOisixプレミアムモニター、#やさいドレス、渡部建の明太マヨ、OisixテレビCM「献立予報」、東京ハーヴェスト、100万人のキャンドルナイトなど「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の3ブランドのマーケティング活動に携わっている。

※受付は終了しました。

2020年7月14日(火) 17:00〜18:30

Afterコロナ時代のメディア戦略・テレビ活用を考える

新型コロナウイルスの影響により、消費者の行動やビジネスのあり方が変わろうとしている。経済の先行きが見えないなかでマーケティング投資の圧縮が迫られる中、ブランドはメディア戦略をどう変えていくべきなのか?またその中でテレビ活用に求められるものとは?TVISION INSIGHTSの郡谷氏とリクルートの金井氏が、国内外の動向を踏まえながら、今後のメディア戦略について議論します。

郡谷 康士

TVISION INSIGHTS株式会社 共同創業者/代表取締役社長

東京大学法学部卒。マッキンゼー・アンド・カンパニーにて、事業戦略・マーケティング戦略案件を数多く担当。リクルート中国の戦略担当を経て、上海にてデジタル広告代理店游仁堂(Yoren)創業。2015年よりTVISION INSIGHTSを創業し、代表取締役社長に就任。著書に『データで再構築するテレビマーケティング(MarkeZine Digital First)』

金井 統

株式会社リクルート HRマーケユニット APマーケティング部 兼 中途マーケティング部 部長

新卒で株式会社NTTDoCoMoに入社。端末のマーケティングを経験した後、iモードでビジネス展開をする会社へのコンサルティングに従事。その後、株式会社リクルートへ転職。現在、リクルートのHR領域メディアにおいて、媒体横断でのデジタルマーケティング全般、ブランディングからSEO、デジタル広告、CRMに至るまですべてのマーケティングを管轄。

※申込締切7月13日(月)12:00まで

※年間定期購読の詳細はこちら

PRESENT
1冊お試しについて

定期誌『MarkeZine』第52号

「1冊お試し付き」で参加申込みをされた方には、定期誌『MarkeZine』第52号(特集「ポストCookie時代の到来」)をプレゼントいたします。

【お届けについて】
お申込み完了後、本イベントの申込み時にご登録いただいたご住所宛てに発送します。発送から2~3日でお届け予定です。ポスト投函方式ですので、郵便受けの投入口のサイズにご注意ください。(誌面サイズ : 縦 28cm/横 21cm/厚さ 約5mm)

期間限定お試し特典

ウェビナー(1冊お試し付き)にお申込みの方は、お申込みいただいたアカウントでログインいただくと、2020年7月31日(火)まで定期誌『MarkeZine』の購読特典をご利用いただけます。(※ご購読者の方は、ご購読期間中いつでもご利用いただけます。)

1. 定期誌『MarkeZine』 誌面がウェブでも読める

ご購読の定期誌『MarkeZine』誌面をウェブでも閲覧いただけます。手元に雑誌がない時にも誌面を読むことができ、最新の情報収集をより効率的に行っていただけます。

定期誌『MarkeZine』 誌面がウェブでも読める

2. プレミアム記事が読み放題!

定期誌『MarkeZine』ご購読者の方限定で、巻頭インタビューや特集など誌面掲載の記事(一部抜粋)をウェブでも公開しています。最新号だけでなく、バックナンバーの記事もお読みいただけます。(※1ページ目のみ、どなたでも閲覧可能です。)

プレミアム記事

3. 誌面掲載のデータが使える!『MarkeZine Stock』

誌面に掲載したオリジナル調査などの図表データをダウンロードできるサービス『MarkeZine Stock』を、ご購読期間中ご利用いただけます。企画書や資料で自由にご活用ください。

MarkeZine Stock

個人情報の取り扱いについて

個人情報については、翔泳社の「個人情報保護方針」を基に、個人情報保護に関する日本の法令や規範を遵守し、本イベント以外の目的で使用することはありません。

お問い合わせはこちら

翔泳社 イベント事務局

MarkeZineについて

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信するマーケター向け専門メディアです。掲載記事、写真、イラストの無断転載を禁じます。

翔泳社HP

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5

TOP