SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Twitter社がサードパーティのタイムラインへの広告挿入を禁止、新たなビジネスを生む「Annotations」発表

 ツイッターをめぐっては、さまざまなサービスが世界中で展開され、そこから収益を得ようとする人々や会社が増えている。しかし、増加し続けるこうしたサービスがもたらすスパムや情報の劣化などに一定の歯止めをかけるため、Twitter社がビジョンを示した。

 Twitter社は先日、企業のつぶやきを有料で優先的に表示する広告商品「Promoted Tweets」を発表したが、この「Promoted Tweets」以外に、APIを使ってサードパーティが有料でつぶやきをタイムラインに挿入することを禁止すると発表。新しいAPIの利用規約を近日中に公開する。しかし、タイムラインの周辺にサードパーティがディスプレイ広告を掲載することは禁じていない。

 同社は今後、AnnotationsとGeo-Locationなど新たな技術のリリースを発表。数か月のうちにリリースされる予定のAnnotationsによって、つぶやきの中やその周辺で、あらゆる種類のリッチメディアやメタデータサービスを提供する会社が生まれるだろうとしている。

【関連記事】
ツイッターの新広告プラットフォーム「Promoted Tweets」
ツイッターの訪問者が750万人突破、mixiの1000万人に迫る勢い
ツイッターの登録ユーザー数が1億人突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/05/31 12:17 https://markezine.jp/article/detail/10404

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング