SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineオンライン法律相談所

「日本人が海外のオンラインカジノに参加するのは違法ですか?」オンラインゲームの「はてな?」その2

ブロードバンド環境が整い、急速に普及しつつあるオンラインゲーム。ネットに接続してれば、簡単に参加できるのがメリットですが、トラブルに巻き込まれるケースも頻発しています。今回はまだあまり理解されていないオンラインゲームの「はてな?」にお答えます。(その1はこちら)

【質問】
海外のオンラインカジノにハマっています。このオンラインカジノは、その国の政府の許可を得ている完全に合法なものです。しかし、以前友人から、「日本では国が運営する公営ギャンブル以外の賭博を一切禁じていて、日本人がオンラインカジノに参加してプレーすることは違法ではないか?」との指摘を受けてしまいました。このままオンラインカジノを続ければ、私はいつか捕まってしまうのでしょうか?

【回答】

「賭博」とは、偶然の事情に関し財物を賭けることをいい、この場合の偶然の事情とは、当事者にとって不確定なことをいい、客観的にはすでに確定していることでもかまわないとされています。日本では刑法185条(単純賭博)および186条(常習賭博および賭博場開張等図利)において、賭博行為が禁止されています。

185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。 2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

 このように日本では単に賭ける行為(単純賭博)も禁止されています。それでは、例えば日本人が海外旅行中にラスベガス(アメリカ)やモンテカルロ(モナコ公国)にある公認カジノで、賭博をした場合はどうなるのでしょうか?

 刑法185条及び186条の罪は、日本国内において罪を犯したすべての者に適用されることから(刑法1条1項)、日本人が海外旅行中に公認カジノで手持ちのお金で賭博をする行為については、適用範囲外となり処罰されません。

 では今回の質問のケースのように、日本人が日本国内からインターネットを通じて、海外のオンラインカジノに参加した場合はどうなるのでしょうか?

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
海外のオンラインカジノに参加するのは違法か合法か?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineオンライン法律相談所連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

笹倉 興基(ササクラ コウキ)

弁護士(東京弁護士会所属)。1995年早稲田大学法学部卒業。1999年弁護士登録。黒田法律事務所において、特許権、商標権及び著作権といった知的財産権に関する案件、ベンチャー企業の支援を担当している。また、M&A・事業再生・リストラクチャリングや民事再生などにも注力しており、ビジネス法務の分野において第一線で活躍中。ネットビジネスに関連する法律に精通している。 www.kuroda-law.gr.jp

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/05/07 08:00 https://markezine.jp/article/detail/1071

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング