SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「1:9:90の法則」を打ち破る、マイネットの社内ソーシャルニュースパッケージ「イントラnewsing」

 マイネット・ジャパンは、国内初の社内ソーシャルニュースパッケージ「イントラnewsing(イントラニューシング)」の正式リリースを4月24日に発表した。

  「イントラnewsing」は、みずほ情報総研の監修のもと、マイネット・ジャパンのソーシャルニュースサービス「newsing」のシステムをベースに企業向けのサーバソフトウェア製品として改善・改良を行ったもの。ソーシャルニュースやソーシャルブックマークのシステムを企業内の情報共有サービスとして活用する仕組みを提供し、社員同士の意見交換などのコラボレーションを支援する。また、ニュースだけでなく、企業内の連絡文書や社内ブログやSNSなどのクリップして共有することができる。

「イントラnewsing」では、企業内での効率的な情報共有のために、
タグの共有化や管理機能、セキュリティ強化も実現している。

 ウェブ活用においては、情報発信意欲の高い1%の「発信者」、発信された情報の周辺でコミュニケーションを取る9%の「コミュニケーター」、それらの情報を読むだけにとどまる90%の「ROMユーザー」の3層に分かれる「1:9:90の法則」があると言われている。「イントラnewsing」は、この構造を踏まえて、より手軽なクリッピング操作、人気記事の投票ランキング、記事検索機能などにより、企業内の情報共有の敷居をぐっと下げてくれる新しい情報ツールとなっている。

 監修にあたったみずほ情報総研は、すでにこのシステムを導入し、同社のコンサルタントが中心となって企業内でのソーシャルニュースサービスの有用性を検証している。マイネット・ジャパンは、「イントラnewsing」の展開目標を、2007年12月末時点で利用企業数15社、利用者ID数1,000IDとしている。

プレスリリース:「国内初の社内ソーシャルニュースパッケージ『イントラnewsing』をリリース」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 17:42 https://markezine.jp/article/detail/1111

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング