MarkeZine(マーケジン)

記事種別

時間が取れる年末休暇に意味を考えてみたい業界用語
最近もっとも耳にするが、もっとも意味不明な言葉「最適化」

2010/12/16 11:00

 「PDCA」「ROI」「最適化」…専門用語が飛び交う業界ですが、そもそもこれらの言葉の本質は何でしょうか。少し立ち止まってこれらの言葉の意味について考えてみたいと思います。最後は最適化についてです。

最適化ってなんですか?

 さて、年末に考えてみたい言葉シリーズの最後は、「最適化」です。3つのワードの中でも、最も聞こえがよいが、最もよくわからない言葉ではないかと思います。

 最近見る企画書やパンフレットに、「売上を最大化します」や「コストを最適化します」などの文言が書かれているのをよく見かけます。批判を恐れずにいうと、このような企画書の多くは、「最適化/最大化とは『売上あがるようにがんばります!』という意味」でしか使われていないと思われます。

 確かに世の中で使われている”最適化”の多くはこの意味ですが、分析屋や数字を扱うマーケッターは別の意味で「最適化」という言葉を使います。意外にこちらが知られていないので、ご紹介したいと思います。図はよくある、パーチェスファネルの一例です。当たり前ではありますが、”ある商品を買おうとしている一歩手前の人”よりも”その商品の事を知らない人”に対するマーケティングコストの方が高くつきます。

 つまり、パーチェスファネルの入り口側に使うコストより、出口側のコストの方が安いということです。そのため、極端に言うと、マーケティングコミュニケーションに関わるROIを最大にするには、「今すぐ買いそうな”1人”に対してコミュニケーションすること」ということになってしまいます。

 これではさすがに商売なりません。しかし、マーケティング、経営では何かしらの”目標”、もしくは”優先順位”があるはずです。コスト条件、効率条件、ボリューム(売上目標や目標獲得件数など)条件などです。これらは、背景、競合、市場環境、過去事例、経営状況、担当者の”勘”などから設定されています。

 下図例のように、「量は少なくても効率重視の場合」や「多少効率が悪くなっても量重視のケース」などが考えられます。もちろん、施策ごとであれば、狙ったポテンシャルユーザーに対して、効率的に認知を獲得するといった事も考えられます。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5