SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

モバイル・マーケティング・エッセンス

決済手段から購入経路まで
モバイルコマースはどう変化した?


 1兆円規模に近づきつつあるなど、今なお成長を遂げるモバイルコマース市場。だがその実態と動向については意外と情報が少ない。そこで現在のモバイルコマース市場動向がどのようになっているのか、「ポケットビッダーズ」「au one ショッピングモール」などを運営する、ディー・エヌ・エーのEC事業本部 ショッピング統括部 企画編集グループの池田亮氏と小澤祐治氏に話を聞いてみた。

人気商材やユーザー層は変化しているか?

 現在でこそソーシャルゲームプラットフォームの「モバゲータウン」で知られるディー・エヌ・エーだが、元々はコマース事業でモバイルに参入している。パケット定額制サービスの普及によりモバイルでのコマース需要が伸びることを見越し、2005年にPC主体のサービスであったオークションやショッピングモール関連のサービスをモバイル向けにも提供。さらにKDDIと提携し、キャリアポータル上で「au one ショッピングモール」を展開するなどの取り組みを実施するなど、早い時期からモバイルコマースの開拓に取り組んでいる企業の1つなのだ。

 モバイルコマースに長く取り組んでいる同社だが、モバイルコマース市場はPCと比べ、やはり“ユーザー層”が大きく異なっているという。開始当初から若い人の比率が高く、特にF1層が最もボリュームが大きい。地域属性的には日本全国の人口に比例しており偏りは少ないそうだが、中でも若年層は地方での利用率が高いという。最近ではより上の年齢層の利用も増えてきているようだが、まだ大きな動向に変化はないといえる。

 人気の商材はどうだろうか。従来、モバイルコマースで人気の高い商材はDVDやコンプレックス商品などであったが、最近はファッションが主流になってきているという。中でも人気なのは、3000円以内と価格的にも手ごろなファストファッション系のようだ。

 こうした傾向が生まれているのは、ユーザー層が影響しているといえる。こと若い女性はファッションの流行に強い関心を示すが、都市部はともかく地方では購入できるショップが限られる。そのため地方からの購入者が多くなる傾向がある。また価格帯についても、若年層は購入できる料金が限られており、試着もできないことから、気に入らなかったとしても後悔しない金額のものが売れやすいようだ。

取材に応えるディー・エヌ・エーの池田氏と小沢氏
▲取材に応えるディー・エヌ・エーの池田氏と小澤氏
ディー・エヌ・エーが運営するショッピングサイトの1つ「ポケットビッダーズ」
ディー・エヌ・エーが運営するショッピングサイトの1つ「ポケットビッダーズ」
▲ディー・エヌ・エーが運営するショッピングサイトの1つ「ポケットビッダーズ」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
決済手段や購入時間帯はどう変化した?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
モバイル・マーケティング・エッセンス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐野 正弘(サノ マサヒロ)

エンジニアとしてゲームや携帯コンテンツなどの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターへと転身。若者のケータイ文化からスマートフォンまで、携帯電話に関する多くの著書を手がけるほか、講演やテレビ等へのコメント等も行っている。近著に「Touch Diamond&Touch Pro 入門ガイド」(翔泳社)...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/19 11:09 https://markezine.jp/article/detail/12736

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング