SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Adobe Omniture Summit 2011総力レポート

“もはやアナリティクスは中心ではない”
デジタルを中心とした、新しいマーケティングのルール作りに参加して感じたこと


 新しいマーケティングのルールが現在進行形で構築されつつある――。世界中のマーケターが集うイベント、Adobe Omniture Summit 2011へ参加してきた。昨年に引き続きの参加となった筆者が現地で見聞きした内容は、想像をはるかに超える内容だった。(バックナンバーこちら)

新しいマーケティングの学校へようこそ

 今回は700社から2600人が参加している、とデータドリブンなスピーチで幕を開けたAdobe Omniture Summit 2011。オムニチュア事業部門担当副社長のブラッド レンチャー氏は今回のテーマを“Art + Science”と設定しつつ、

 “Welcome to the New School of Marketing"(新しいマーケティングの学校へようこそ)”

 と挨拶した。

 昨年のメッセージは「次の10年はCMOの時代になる」だったが、解析や最適化などのデジタルマーケティングの重要性が認知された今、より具体的な戦術が必要であり、我々が今まさにそのルールを作り上げている、というわけだ。

 筆者は昨年の教訓を活かし、知りたいことと、参加するセッションを事前に決めておいた。今回は、その知りたかったことと分かったことを3点紹介したい。

1. ソーシャルメディアにどう取り組んでいるのか?

 日本でもここ数か月で急速にFacebookの普及が進んだが、USではどうなのか? TwitterよりもFacebookが普及しているのはなぜか?

 その答えはもっと大きなものだった。

 ヤング&ルビカム社のチーフ・インサイト・オフィサー(Chief Insights Officer)、ジョン ガーズマ氏は基調講演の中で、消費行動のトレンドが「マインドレスな消費」から「マインドフルな消費」へ変化している、ソーシャルメディアによるコミュニケーションの変化に加えて景気後退もその後押しをした、と主張した。

 「ミステリアス」で「コンフィデント」(自信満々)だった消費に代わり、今では「親切」「高品質」「フレンドリー」であるが重要だ、と。

 確かに、マーケティングというよりもビジネスそのものが変化している。

 そのような状況で、モバイルやソーシャルネットワークの活用が進むのは、流行というよりも必然的な流れなのだろう。今回のサミットでも、「Discoverでソーシャルのセグメントを作る方法」「Facebookの広告を最適化する方法」といったより戦術的なセッションが増えている。

 この流れを受けて、今回の目玉の一つである新製品「Adobe SocialAnalytics」(アドビ ソーシャルアナリティクス)が発表された。

 Twitterの解析についてはすでに数多くの他社サービスがあり、Adobe SiteCatalystを使った方法についても以前に別の記事で紹介したが、この新製品のポイントは、FacebookやTwitterなど複数のソーシャルネットワークに同時対応し、さらにトラフィックとコンバージョンなどの解析データと統合できるという点だ。

 これら複数の指標のトレンドをグラフ化することで、因果関係を素早く発見できる。ソーシャルネットワークにおける変化を迅速に察知してエンゲージすることで、炎上を防いだりバズを増幅するなどの対応が可能になるため、この意味は大きい。

 Adobe SocialAnalyticsの正式リリースは2011年の第三四半期になる見込み(日本は未定)だが、筆者はサミットの前日に開催されたクローズドな戦略会議に参加することができた。

 世界のトップ企業が集結し、濃い議論が交わされた。話題は既にリリース後の次期バージョン2.0にまで及ぶ。製品の機能やデザインには、先駆者のノウハウが詰まっているのだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
2. 製品群をどれくらい活用しているのか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Adobe Omniture Summit 2011総力レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

清水 誠(シミズ マコト)

Webアナリスト/改善リーダー。1995~2004年まで凸版印刷・Scient・RazorfishにてWebコンサルティングやIA・UI設計に従事した後、事業会社側へ転身。UX/IAやデジタルマーケティングの導入による社内プロセス改善の推進と事例化を行っている。ウェブクルーでは開発・運用プロセスを改善し上場を支援、日本アムウェイでは印刷物のデジタルワークフローとCMS・PI...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/06/22 11:01 https://markezine.jp/article/detail/13572

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング