SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

イベントレポート(PR)

ソーシャル、スマートフォン…取り巻く環境が複雑化する中、サイト上でのユーザー体験向上も必須に

 スマートフォンやタブレットからサイトが閲覧されるようになり、Facebookなどの新たなソーシャルメディアも台頭。ここ1~2年で、ユーザー行動は今までのものから大きく変わりつつある。そのような状況下、サイト上でのユーザー体験を向上させることも求められてきている状況のようだ。アドビ システムズ社が主催したセミナーでは、Webマーケティングの最新トレンドが紹介された。

状況が複雑化する中、Webサイト構築・運営を成功に導くカギとは

 Webサイトを取り巻く状況は、ますます複雑になりつつある。集客手段としてはソーシャルメディアという新たなチャネルが登場し、スマートフォンやタブレット端末の普及で閲覧される環境も多様化。結果として、Webサイト担当者の業務量も増加してきている。

 そのような状況下、Webサイトの構築・運営を成功させるためには、どのような視点を持つべきなのだろうか。アドビシステムズ株式会社は11月9日、「アドビ デジタルマーケティング 顧客満足をビジネス成功に導くWeb戦略 ~CMSから顧客中心のWeb Experience Managementへ~」と題したセミナーを開催。会場に集まった企業のマーケティング担当者などに向けて、Webサイトの構築・運営に役立つ最新トレンドなどを披露してくれた。

サイト運営で重要なのは「集客」と「訪問者の満足」

 セミナーではまず、オンサイト株式会社 代表取締役社長の岸謙一氏が登場。岸氏はリクルートで住宅領域のネット事業戦略策定、フリーペーパー関連の事業立ち上げなどに携わった後、ライブドアに移籍してポータルサイト担当の執行役員副社長を務めた人物。現在はオンサイトの代表として、さまざまな企業の所有する130ほどのサイト運営を請け負っている。

オンサイト株式会社 代表取締役社長 岸謙一氏
オンサイト株式会社 代表取締役社長 岸謙一氏

 登壇した岸氏は、自身の経験からサイト運営を成功に導くためのポイントは2点に集約できると主張。集客と訪問者を満足させることに気を配るべきだと訴えた。

 そのうちの集客面について、現状は「カオスな状態になっている」(岸氏)という。検索エンジンや広告以外にも、ソーシャルメディアや口コミサイト、動画サイト、まとめサイトなど、さまざまなサイトを経由して来訪するユーザーが増え、複雑化している。よって「自社のネット上におけるプレゼンスをどうやって上げていくか」が課題になっていると岸氏は分析した。

 集客に関する最新トレンドについては、「検索」「ソーシャル」「モバイル」の3つの観点から解説。注目すべき動向として次のような事例を取り上げている。

検索

  • 自社サイトのフリーワード検索で使用されたワード/検索結果画面を静的化して、ロングテールからの集客を狙う。
  • 注目度の高いイベントのスポンサーになり、ロゴ/社名からのリンクなど、優良なリンクを獲得する。
  • ソーシャルで注目を集めるようなアンケート調査を実施。その結果を取り上げてもらえるよう、アルファブロガーなどに直接依頼する。
  • 自社サイト以外の提携サイト、アフィリエイトサイトなどを総合的にマネジメントして、検索結果画面における占有率を高める。
  • 自社の事業に関連する専門情報サイトを構築し、手間を惜しまず優良なコンテンツを追加する。

ソーシャル

  • SEO目的であっても、とりあえずTwitterやFacebookを始めてみる。

モバイル

  • スマートフォンなど、モバイル経由の流入が増えているため、モバイル向けサービスをやっていなくても、自社サイトのモバイル対応・最適化を進める。
  • foursquareのようなサービスを使い、モバイルの特性を活かしたプロモーションに挑戦する。

次のページ
「訪問者を満足させる」コンテンツのそろえ方

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/02/20 12:01 https://markezine.jp/article/detail/14740

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング