SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「Microsoft Advertising」活用事例 企業ブランドの作り方(PR)

SNS連携でユーザー参加型のデジタル花火大会を開催、360度パノラマで展開する美しい花火でリアルイベントにも勝る臨場感を再現

 WOWOWはBSデジタルでのフルハイビジョン・3チャンネル放送開始を記念し「WOWOW大開局祭」をWeb上で開催。実施にあたっては、ユーザーが参加できる方法にもこだわった。各ポータルサイトがそれぞれイベント会場を担当・運営する方式の中、MSNは花火大会会場を担当。360度展開するリアルな花火を制作し、Twitterと連携してユーザー自身が花火を打ち上げられる仕掛けにすることで『友達と連れ立って花火を見に来る』ような臨場感を再現した。

WOWOWの記念すべき年を盛り上げる「Web上の花火大会」を企画

展開時期:2011年9月26日~10月23日
掲載面/広告商品:カスタムソリューション、MSNホーム ゲート(カスタムリッチ)
広告種類:タイアップ広告、リッチメディア広告
ターゲット:ネットユーザー全般

 有料衛星放送局のWOWOWは、2011年で開局20周年。10月からはBSデジタル放送で24時間フルハイビジョン・3チャンネルによる放送を開始。『第二の創業』の位置付けでロゴなどのブランドまで刷新し、ハイビジョン・3チャンネル化の日を大々的に盛り上げたいと考えていた。

 そこで同社は10月1日~2日の期間、2年前から都内で開催してきた大規模イベント「WOW FES!」を発展させて、36時間にわたって無料番組を放送する「WOWOW大開局祭」を企画。そこでは無料放送に加えて、インターネットを絡めて全国各地からネットユーザーが参加できるオンラインイベントを実施。主要ポータルサイト4社に特設サイトを設置し、それぞれをイベント会場に見立て、会場ごとに特色ある催しを用意した。さらに、各会場を連携させることで複数の会場を回遊してもらえるように編成した。

株式会社 WOWOW マーケティング局 プロモーション部 瀧口 創 氏
株式会社WOWOW マーケティング局 プロモーション部 瀧口 創 氏

 マイクロソフト アドバタイジングでは、リッチな表現の広告展開事例の豊富な経験を活かし、サイト上で花火を打ち上げる企画を提案。東日本大震災の影響で全国的に花火大会が自粛されていた中、Web上で花火を見せることによってユーザーの期待に応え、WOWOWとのエンゲージを高めるねらいがあった。

 株式会社 WOWOW マーケティング局 プロモーション部 瀧口 創 氏は、この一大イベントの企画当時を次のように振り返る。

 「ハイビジョン・3チャンネル化は、会社として『第二の創業』。最初で最後のこと、という気持ちでした。大々的に盛り上げて幸先の良いスタートを切れるように、1年掛かりでプロジェクトチームを組んでイベントを企画してきました。

 企画の中で重視したのは、お客様に参加していただくこと。無料放送を見てもらうだけではなくて、別の形でもお客様が参加できる仕掛けにしたいと考えていました。MSNを花火会場にしたのは、マイクロソフト アドバタイジングから魅力的な企画を提案いただいたからです。お祭りと花火は親和性が高いですし、直感的に『花火で行こう』と即決しました。」

次のページ
360度満天の花火を堪能、さらにTwitterで参加者を盛り上げる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「Microsoft Advertising」活用事例 企業ブランドの作り方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/04/23 11:00 https://markezine.jp/article/detail/15506

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング