MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ローソン、「foursquare」を活用したO2Oプロモーションで日本企業初「パートナー・バッジキャンペーン」

2012/09/20 13:00

 ローソンは、位置情報を利用したSNS「foursquare」を運営するfoursquare Labs社と、foursquareサービスの普及活動を行うことに合意した。9月19日から、米国以外の企業として初めて、「ユニーク・クーポン・コード・キャンペーン」を日本国内のローソン店舗にて実施。同時に、日本企業として初めて全世界のローソン店舗にて、「パートナー・バッジキャンペーン」を行う。全世界のローソン店舗に累計3回チェックインすると、ローソンオリジナルバッジを取得できる。

「Lawson World check-in」

 foursquareはユーザーが現在の位置情報を元に周辺のスポットや店舗にチェックインすることで、ポイントを貯めたり、友人とコミュニケーションができるサービス。利用者数は全世界で2,500万人を突破、チェックイン数は累計25億回を超える。

 ローソン店舗へのチェックイン数は累計約81万回。コンビニエンスストア事業と、位置情報サービスのシナジー効果は非常に高いと考えらる。

 また、foursquareの提供しているAPIを活用したサイト「Lawson World check-in」では、全世界の地域ごとにチェックイン数が最も多いローソン店舗が表示されており、その店舗にチェックインしているユーザーの数、性別、年代などをグラフで見ることができる。

【関連記事】
[新刊] foursquareプロモーション
ドミノ・ピザ、foursquareでメイヤーになると持ち帰りが半額になるキャンペーン
NECビッグローブ、「ついっぷる」を活用したO2Oマーケティング支援サービスを提供
ヤフーとクレディセゾン、池袋でO2O実証実験
ミクシィとロイヤリティ マーケティング、mixiとPonta連携によるO2Oマーケティングを実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5