SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフーはオークション、Googleはやっぱり検索、MSNはメール―大手ポータルの人気サービス調査

 ネット視聴率調査会社ネットレイティングスは、同社が新しく導入した媒体価値を測る指標「総利用時間(Total Minutes)」から主要ポータルの2007年7月の利用チャネル(コンテンツグループ)を見た場合、その利用時間構成比に大きな違いがある、という調査結果を発表した。

 発表された資料によると、Yahoo! Japanはオークションが総利用時間の26%を占め、トップページの利用時間を上回っている。各ポータルともメールサービスが上位に来ており、特にMSN/Windows Liveでは全体の34%がメール利用に使われているという。Googleは、新サービスが注目されているものの、検索が圧倒的に利用時間を占めている。また、gooはブログや「教えて!goo」などのCGM コンテンツが上位に上がっているなど、「総利用時間」によって各ポータルの利用状況の特徴が浮き彫りとなっている。

プレスリリース:「Yahoo! Japan はオークション、MSN/Windows Live はメール、goo はブログがトップ 「総利用時間」からみたポータルサイトの利用特性に大きな違い」(PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 21:15 https://markezine.jp/article/detail/1666

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング