MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「Google アナリティクス リマーケティング」 をはじめよう
ツールの設定方法とプライバシーポリシーの変更

2012/11/07 11:00

 第3回は、「Google アナリティクス リマーケティング」導入に向けての具体的な準備について解説します。リマーケティングの仕組みを理解したうえで、ツールの設定やプライバシーポリシーの変更など、重要な設定を行いましょう。

「Google アナリティクス リマーケティング」を使い始める前に

 今回は、「Google アナリティクス リマーケティング」をはじめるにあたっての具体的方法と、注意事項について紹介します。

 Google アナリティクス リマーケティングは、Google AdWordsのリマーケティング機能に対してユーザーのリストを提供できるという機能です。Google アナリティクスとGoogle AdWordsの両方を使って実現できます。Google アナリティクスだけを使って、広告を表示させることはできません。したがって、Google アナリティクスの有効なアカウントとAdWordsの有効なアカウントが必要ですし、同時に両方のツールを利用する規約に同意する必要がありります。

※Google アナリティクスの規約は、変更されることがありますので、必ず利用される際にGoogleの規約ページでご確認ください。

重要な4つの準備

 Google アナリティクス リマーケティングの主な準備事項としては、4つの変更が必要になります。

ウェブサイト(プライバシーポリシー)に関する変更
(1)ディスプレイ広告主向け Google アナリティクスのポリシーに同意する
(2)リマーケティングを実施するウェブサイトのプライバシーポリシーを更新

Google ツールに関する変更
(3)Google アナリティクス と AdWordsアカウントのリンク(利用規約にも同意)
(4)Google アナリティクス のコードの編集(設置していなければ、設置)

 リマーケティングは、Cookieを使ったウェブ広告の仕組みです。(3)(4)のような技術的な設定変更も必要ですが、企業が運営するウェブサイトでの準備としては、サイトを訪問する大切なユーザーへの配慮として、(1)(2)に対応することが重要です。まずこのプライバシーポリシーに関してご説明します。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5