SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「Google アナリティクス リマーケティング」が変える広告と解析の世界

「Google アナリティクス リマーケティング」 をはじめよう
ツールの設定方法とプライバシーポリシーの変更

 第3回は、「Google アナリティクス リマーケティング」導入に向けての具体的な準備について解説します。リマーケティングの仕組みを理解したうえで、ツールの設定やプライバシーポリシーの変更など、重要な設定を行いましょう。

「Google アナリティクス リマーケティング」を使い始める前に

 今回は、「Google アナリティクス リマーケティング」をはじめるにあたっての具体的方法と、注意事項について紹介します。

 Google アナリティクス リマーケティングは、Google AdWordsのリマーケティング機能に対してユーザーのリストを提供できるという機能です。Google アナリティクスとGoogle AdWordsの両方を使って実現できます。Google アナリティクスだけを使って、広告を表示させることはできません。したがって、Google アナリティクスの有効なアカウントとAdWordsの有効なアカウントが必要ですし、同時に両方のツールを利用する規約に同意する必要がありります。

※Google アナリティクスの規約は、変更されることがありますので、必ず利用される際にGoogleの規約ページでご確認ください。

重要な4つの準備

 Google アナリティクス リマーケティングの主な準備事項としては、4つの変更が必要になります。

ウェブサイト(プライバシーポリシー)に関する変更
(1)ディスプレイ広告主向け Google アナリティクスのポリシーに同意する
(2)リマーケティングを実施するウェブサイトのプライバシーポリシーを更新

Google ツールに関する変更
(3)Google アナリティクス と AdWordsアカウントのリンク(利用規約にも同意)
(4)Google アナリティクス のコードの編集(設置していなければ、設置)

 リマーケティングは、Cookieを使ったウェブ広告の仕組みです。(3)(4)のような技術的な設定変更も必要ですが、企業が運営するウェブサイトでの準備としては、サイトを訪問する大切なユーザーへの配慮として、(1)(2)に対応することが重要です。まずこのプライバシーポリシーに関してご説明します。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ウェブサイト(プライバシーポリシー)に関する変更

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「Google アナリティクス リマーケティング」が変える広告と解析の世界連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

山田 輝明(ヤマダ テルアキ)

山田 輝明 NRIネットコム株式会社 ウェブアナリストウェブ解析、ウェブ広告を専門とし、金融機関、製造業、流通業などの企業様向けにコンサルティングを提供しています。ユーザーデータを収集し仮説を立案するウェブ解析と、仮説に基づいた施策を実施しユーザーを獲得するウェブ広告。この両者を活用し、データ、仮説に基づいたウェブ戦略をリアルタイムかつ的確に展開します。資格:Google Analytics IQ、Google Advertising ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング