SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「Google アナリティクス リマーケティング」が変える広告と解析の世界

マルチスクリーン時代のウェブ解析&広告、Googleのレポートで読み解く特徴的なデバイスの組み合わせ

 第8回は、マルチスクリーン時代のユーザー動向をまとめたGoogleの調査レポートをもとに、ウェブ解析と広告をめぐる環境の変化について解説します。

スポーツと企業のウェブ環境の共通点

 スポーツと現在の企業を取り巻くウェブ環境は非常に似ています。スポーツは、相手、もしくは自分自身と競うものです。どんなスポーツであれ、練習試合、競技会などの本番の舞台が大小の規模に関わらず存在します。試合のために準備し、試合を繰り返すことによって技能を向上させ、相手に勝ることができるように準備し、臨みます。

 準備のためには、どんな手段があるでしょうか? 簡単にまとめると、以下のようになると思います。

  • 対戦相手のデータ収集
  • データをもとにした戦略立案
  • 仮説シミュレーション

 スポーツの試合は、ウェブで言う本番リリース、施策の実施です。ウェブも本番リリースに向け、同じように事前にデータを集め、戦略を立案し、仮説のシミュレーションを行い、実際のユーザーを迎える勝負の場である本番のウェブ環境に展開します。

 スポーツもウェブも本番が始まれば、待ったなしの状況が続きます。試合中、対戦相手は色々な戦略を実施し、さまざまな動きをします。ウェブでも、ユーザーはさまざまな動きをし、競合は想像を超える行動を起こします。

 現在の企業ウェブを取り巻く環境は、まさに試合のまっただ中、データ収集を随時行い、分析し、戦略を立てながら突き進んでいく、常に競合企業とウェブ上で闘いながらデータ分析と施策の実施を進めているという状況だと思います。リアルタイムにどう戦略を立て、舵を切っていくか。スポーツもウェブも待ったなしの状況である点は非常に似ているのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
企業ウェブの課題:「リアルタイム」と「マルチデバイス」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「Google アナリティクス リマーケティング」が変える広告と解析の世界連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 輝明(ヤマダ テルアキ)

山田 輝明 NRIネットコム株式会社 ウェブアナリストウェブ解析、ウェブ広告を専門とし、金融機関、製造業、流通業などの企業様向けにコンサルティングを提供しています。ユーザーデータを収集し仮説を立案するウェブ解析と、仮説に基づいた施策を実施しユーザーを獲得するウェブ広告。この両者を活用し、データ、仮説に基づいたウェブ戦略をリアルタイムかつ的確に展開します。資格:Google Analytics IQ、Google Advertising ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/04/09 11:00 https://markezine.jp/article/detail/17533

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング