SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2012~2016年国内製品別IT市場予測発表、2013年にはスマートフォン市場規模がPCを逆転

 IDC Japanは、2012~2016年の国内製品別IT市場予測を発表した。

 2011年国内IT市場規模は13兆1,782億円(前年比成長率0.9%減)。国内IT市場に通信サービス市場を加えた国内ICT市場は24兆5,773億円(前年比成長率0.7%減)であった。

 2012年は、復興財政支出、金融緩和、エコカー補助金などによる景気浮揚に伴い、国内IT市場、国内ICT市場はともにプラス成長。2012年国内IT市場規模は、13兆5,189億円(前年比成長率2.6%)、2012年国内ICT市場規模24兆7,478億円(前年比成長率0.7%)と予測。

 国内IT市場の2011~2016年の年間平均成長率は0.9%、国内ICT市場は0.3%と予測。2016年の国内IT市場規模は13兆7,545億円、国内ICT市場規模は24兆9,077億円と予測。

 2012年以降のICT市場を大局的にみると、市場の成長、市場の変革をけん引していくのはスマートフォン。これは国内だけでなく、ワールドワイドICT市場においても当てはまりる。国内ICT市場では2013年、スマートフォンの市場規模がPCを逆転。国内スマートフォン市場の2011~2016年の年間平均成長率は4.8%と、高い成長率を予測。

 IDC Japan IT スペンディング/ソフトウェア&セキュリティグループ ディレクターの和田氏は「ITベンダーは、スマートフォンに対する戦略的取組みが生き残りのために必須である」と分析した。

【関連記事】
日本と海外14か国、2012年度コンテンツ市場調査結果発表
「オタク」市場に関する調査結果発表、オンラインゲーム前年度比3割増、市場は堅調に拡大
国内アパレル小売市場、リーマンショック後初の前年比プラス推移【矢野経済研究所 調査】
2011年クレジットカードショッピング市場約39兆円、EC市場の伸びとともに拡大基調
NFC搭載携帯電話などの市場動向及び見通し調査結果発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/11/09 11:00 https://markezine.jp/article/detail/16728

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング