SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

「Wi-Fiが繋がらないスポット」をあえてPRするキットカットの意表をついた広告

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を紹介するこの連載。今回は「Have a break(一息入れよう!)」でおなじみ「Kit Kat」ならではの“逆転の発想”をお楽しみください。毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2013年1月
  • 国名:オランダ
  • ブランド:Kit Kat
  • 業種:菓子

こういう場所も必要ですよね

 街中の様々な場所でWi-Fiが自由に使えるようになってきている昨今、外出先でもコンスタントにオンラインに接続してメールをしたり、「いいね」したり、ネットサーフィンする人も少なくありません。

 外出先でも頻繁にネットに接続している現代人に向けて、「Have a break(一息入れよう)」がキャッチコピーのお菓子「Kit Kat」が、オランダで仕掛けたアンビエント広告が斬新です。

 街中にキットカットの赤と白のブランドカラーで“Free No WiFi Zone”と上部に掲示した円形のベンチを制作

 このベンチでオンラインのことは忘れて友達と会話をしたり、紙の本を読んだり、キットカットを食べて、一息つきませんか?とコミュニケートしています。

 「この店Wi-Fi使えます」というステッカーはよく目にしますが、「Wi-Fiが繋がらないスポット」を大々的に発信して、『一息つきたい時に食べたくなるキットカット』というブランドイメージと結びつける発想がユニークです。

 まさに発想の転換といえる施策。面白いですね~~。

参考サイト

Ads OF The World

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/01/23 08:00 https://markezine.jp/article/detail/17095

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング