SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、第三者配信への対応などを踏まえて「AdWords」の利用規約を変更

 Googleは、日本を含むアジア太平洋地域の広告主を対象に、新しい利用規約を導入すると発表した。

 今回の変更点のひとつは、新しい広告サービスへの対応によるもの。状況に応じて第三者配信が利用できるようになったため、広告配信にまつわる係争の解決方法に関する規定が追加されている。そのほか、Google のポリシーへのリンクが更新されたこと、世界全体で広告掲載に関する規約の一貫性を向上させたことなどが変更点となっている。

 AdWords利用者は 新しい利用規約を確認し、45日以内に同意する必要がある。この期間内に同意しなかった場合は、広告掲載が一時停止される。

【関連記事】
AdWords APIの新バージョン、複数キャンペーンでの予算共有が可能に
グーグル「動画広告向け AdWords」スタート、ユーザーが広告を見たときだけ料金が発生
グーグル、AdWords APIの新バージョンをリリース レポート機能が正式版に
ヤフー、「Gyao!」において第三者配信サーバーを用いたリッチ広告掲載スタート
ロックオン、第三者配信アドサーバ事業参入へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/05/10 17:30 https://markezine.jp/article/detail/17736

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング