SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、ペンギンアップデートを実施

 Googleのウェブスパム・チームのリーダーであるマット・カッツ氏のブログによると、Googleは次世代のペンギン・ウェブスパム・アルゴリズム(Penguin 2.0)のロールアウトを5月22日の午後に開始し、すでに終了したという。そして、影響を受けるのは米国内のクエリー(English - US)の2.3%で、よく使うユーザーが気付く程度だとコメントしている( 影響の範囲は言語によって異なる)。

 「ペンギン・アップデート」と呼ばれるこの作業は、ユーザーにより良い検索を提供するために、ウェブスパムを排除する目的で実施される。アップデートというとき、Googleではアルゴリズムのアップデート、データリフレッシュ、インデックスのアップデートがある。カッツ氏は、ペンギンに関するローンチはこれで4回目だが、データリフレッシュではなく、アルゴリズムのアップデートであることから、社内では「Penguin 2.0」と呼んでいると説明している。

 ペンギン・アップデートが実施されたあと、どのような変化があるか、SEO担当者だけでなく、多くの関係者が注目している。

【関連記事】
アイレップ、世界人口の8割以上をカバーする言語対応「グローバルSEOサービス」
Facebookユーザの78%がSNSスパムを問題視
スマホアプリ利用状況、Google Play/Google Mapsを押さえてLINEが1位
聴き放題の定額制音楽配信サービス「Google Play Music All Access」発表
日本でも「Googleショッピング」の検索結果を「商品リスト広告」ベースの商用モデルへ移行

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング