SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

企画するなら知っておけ!マーケター向けのWeb技術のキホン

エンジニアの「実装」、ブラックボックスになってない? Webサービス(動的サイト)開発の裏側をのぞく


 Webの仕組みがわかれば、サービス開発やマーケティング施策の企画力が上がる? Webサービスを多数開発した実績を持つゆーすけべーさんに、技術が苦手なマーケターにもわかりやすく解説してもらいます。

全体を俯瞰しよう! Webサービス制作の過程を学ぶ

 こんにちは! ゆーすけべーです。連載企画「企画するなら知っておけ!マーケター向けのWeb技術のキホン」は4回目を迎えました。前回は、アクセスごとにページの内容が変わったりする動的なWebサイトの裏側の仕組みを簡単に紹介しました。普段、我々が何気なく使っているFacebookやTwitter、クックパッドなどのサイトは裏側に巨大なシステムを抱えているのですね。

 さて、今回は、こうしたWebプログラミングの要素が必要な、少し大きなWebサイトを制作していく過程を紹介し、そこで使われるツールなどをいくつかピックアップしてみます。マーケターの方も企画などに関わるかもしれませんが、以下を読めばサービスをつくっていく全ての流れを俯瞰できるかと思います。

Webサービス制作行程をすっごい大雑把に分けてみると

 Webサービスをつくる行程を、すっごい大雑把に分けると以下のようになります。

  1. 企画
  2. 設計
  3. 実装
  4. 運用
  5. 改善

 まず「企画」の部分ですが、Webサービスをつくろう!という時に、当然「何を」つくるかが決まらないと始まりません。企画の過程の中にも、ブレインストーミングをする、アイデアをまとめる、コンセプトをひとことで言い表す... …等の手順があるのですが、その紹介は長くなるので今回は省略させていただきます。

 「設計」は、企画が決まった後に、「どのように」つくるかを決めていく作業です。Webの場合、画面構成をワイヤーフレームと呼ばれる簡易な図に落とし込んでイメージを掴みつつ、画像編集ソフトを使ったデザイン作業に入っていきます。

 また、見た目と共に、内部のプログラムで扱うデータをどのような構造にするかなども決定していきます。例えば、音楽を投稿できるサイトをつくる場合、「アーティスト」と「曲」という情報を挿入する入れ物をデータベース上につくらないといけないといけないな、とか考えるのです。

 「実装」は、設計に従って動くものをつくっていく作業です。この行程で、後ほど紹介するバージョン管理システムやチケットなどを使います。

 また、できたものはユーザーに対して「運用」していかないとサービスとして成り立ちません。さらに、一度つくったら終わりではなく、新しい機能を追加したり、使いにくいところを修正したりする「改善」の過程があります。

Webサービス制作過程
ゆーすけべーさんが語る!11月19日「1年生ディレクターのためのWebサービス制作基礎講座」講座開催

Webの記事を読むのもいいけれど、リアルゆーすけべーさんに会って直接講義を受けませんか?

本講座では、実際のWebサービス制作における事例やエピソードを交えながら、ディレクターの役割と必要なスキル、そしてチームの共通言語となるWeb基礎技術について学びます。Webディレクターに成り立ての人やWebクリエイターとのやり取りがイマイチうまくいかない人にオススメです。

★☆講座「1年生ディレクターのためのWebサービス制作基礎講座」の詳細・お申し込みはこちら★☆

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ブラックなブラックボックス! Webプログラミングをする環境はどんなだ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
企画するなら知っておけ!マーケター向けのWeb技術のキホン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和田 裕介(ワダ ユウスケ)

1981年生まれ。Webアプリケーションエンジニア。株式会社ワディット代表取締役社長。未踏ユース準スーパークリエータ。学生時にSIGGRAPH Emerging Technologies採択。プロジェクトのリーダーを務める。大学院卒業後に父親とワディットを立ち上げ、株式会社オモロキではCTOとしてWebアプリケーション開発を担当する。小粒なWebサービスをいくつも開発してきた。代表作はWeb音楽プレイヤーの「君のラジオ」。また、オモロキで...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/10/09 16:26 https://markezine.jp/article/detail/17880

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング