SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

リクルートグループ2社、ソーシャルメディアマーケティングソリューション「Adobe Social」採用

 アドビ システムズは、6月12日、リクルートジョブズと、リクルートマーケティングパートナーズにてAdobe Marketing CloudのソーシャルメディアマーケティングソリューションであるAdobe Socialが採用されたことを発表した。

 現在、日本の企業におけるソーシャルメディアマーケティング活動はPRやカスタマーサポートの 延長線という位置づけで運用されるケースが主流とみられている。その活動成果は「いいね!」やリツイートによる拡散効果などの指標達成に留まっていることが多く、ビジネス的な成果(売上、CTR、PV、コンバージョン率など)に直結した指標を掲げられないことが懸念とされている。

 今回のAdobe Socialを導入した目的は、エンドユーザーとのより深いエンゲージメント形成の促進や、Adobe Analyticsとデータレベルで連携し、ビジネス的な成果に直結するソーシャルメディア活用を促進すること。

 Adobe Socialを導入することで、Facebook、Twitter、Google+、ブログなど、様々なソーシャルプラットフォームからのデータをAdobe Socialで分析し、ソーシャル活動とビジネス的な成果を自動的に結び付けることが可能に。また、傾聴やモデレーション機能を用い、自社ブランドのインフルエンサーを特定し、さらなるエンゲージメントの深化を促進することができる。

 リクルートジョブズでは、タウンワーク、フロム・エー ナビのソーシャルメディアにて、リクルートマーケティングパートナーズでは、ゼクシィ、受験サプリ、リクナビ進学、カーセンサーのソーシャルメディアにて、Adobe Socialを活用する。

【関連記事】
アドビ、2013年度第1四半期の業績好調
アドビ、ソーシャルメディアマーケティングソリューション「Adobe Social」日本国内提供開始
リクルート、若手ビジネスマン向けメディア「R25 スマートフォン情報局」
中小企業のソーシャルメディア運用、人数・時間・予算をかけない傾向
コムニコ、「ソーシャルデータマイニング研究所」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/12 13:15 https://markezine.jp/article/detail/17952

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング