SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、公式アカウント及びLINE@参画企業向け「公式ホーム」機能提供開始へ

 LINEは、同社が運営する「LINE」において、公式アカウント及びLINE@参画企業向け「公式ホーム」機能の提供を開始した。

 LINEでは、2012年8月より一般ユーザー向けに「ホーム」「タイムライン」機能を提供している。これまで、企業向けにこれらの機能は適用されていなかったが、ユーザーとの更なるコミュニケーション機会として、「公式ホーム」機能を提供する。

 従来のメッセージ配信は、プッシュ型のため開封率や可読性が非常に高い反面、頻繁に情報配信することが難しく、一方向型のコミュニケーションに限られいた。企業は「公式ホーム」を利用することで、公式アカウントもしくはLINE@を「友だち」登録しているユーザーの「タイムライン」上にも、キャンペーンや新商品情報などの発信が可能に。さらに、コメント機能・共有機能も搭載されており、双方向型のコミュニケーションや、ユーザー間での情報拡散も期待できる。

 そのほか、店舗情報などを掲載できる「プロフィールページ」機能や、ユーザー同士で公式アカウントおよびLINE@をすすめる機能なども搭載されている。

【関連記事】
グリー、LINEなどネット事業者6社、ネット選挙に向けた共同企画スタート
無料通話サービスの利用者は3割弱、LINEは全体の17.7%を占有【マイボイスコム調査】
スマホアプリ利用状況、Google Play/Google Mapsを押さえてLINEが1位に
NTTドコモのスマホとLINEが連携~LINEにドコモ専用の音声通話ボタンの配置も
LINE事業売上額は58.2億円(2013年1~3月期)~スタンプの売上は約30%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/14 14:30 https://markezine.jp/article/detail/17980

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング