SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CTC、Tableau Software製品を利用したBIソリューション提供

 TableauのBI ソフトウェアは、IT関連部門スタッフの支援を待つことなく、経営者層をはじめ、すべての部門のスタッフが、直観的、簡便かつスピーディに自由で効果的にデータ分析を行えるよう設計。全世界で1万3500社を超える政府機関、大学等の教育機関、最先端企業や大企業、そしてSOHO企業に至るまで、産業、業種、規模を問わず、急速に導入が広がっている。

 5月に発表された「Tableau 8.0」は、4000以上のベータ版参加顧客からのフィードバックを経て完成したTableauの最新BIツール。データの可視化、ビジュアル化に優れており、高度なスキルを必要とせず、あらゆるデータから深い洞察を得ることができる。デスクトップアプリケーション版は、PC1台で1ユーザーから導入でき、利用状況に応じてサーバ版への拡張も可能。小さく始めて投資対効果を確認しながらシステム展開することができ、初期導入コスト、メンテナンス・コストなどIT投資金額を抑制できる。

 CTCは「Tableau 8.0」をベースとしたBI導入を総合的に支援し、Tableau Japanは、「Tableau 8.0」の技術支援、トレーニング支援などを行う。価格は、デスクトップアプリケーション版1ユーザー構成で、25万円から。

【関連記事】
アプリ向けBIプラットフォームのApp Annie、セコイア・キャピタルから1500万ドルの資金調達
第2期ビッグデータ戦略的ビジネス活用研究会、募集開始
ブレインパッドと日立、ビッグデータ利活用で協業
ホットリンク、米国Gnip社とTwitterなどソーシャルデータ日本独占販売代理契約締結
ビッグデータ分析を強力に支援する「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6700」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング