SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ジェイ・コウガミの“デジタル音楽の新潮流”

新しい音楽のカタチを目指して~最新音楽スタートアップ3選

 ポータブル音楽プレーヤーやスマホを使って、一人で音楽を聴くことが多くなった現代。しかし今、ネットを通じて一緒に音楽を楽しむサービスが次々と生まれています。コウガミさんが注目する、世界の最新音楽スタートアップを3つご紹介します。

世界が注目する3つの音楽スタートアップ

 今年も世界のデジタル音楽ビジネスでは、テクノロジー企業の活発な展開が目立ちました。例えばアップル。9月の新型iPhone発売に合わせて、無料の音楽アプリ「iTunes Radio」を投入し、音楽ストリーミングサービスの分野に進出してきました。それからグーグル。5月にクラウドのストレージと音楽ストリーミングとオンラインラジオをひとつにした「Google Play Music All Access」を開始して、Spotifyなどが先行する音楽サービスに本格参入しました。

 一方で、この数年の間に大企業とは違ったアプローチで、ユーザーのライフスタイルに合わせて音楽コンテンツを提供するスタートアップも数多く出現してきました。今回は、世界が注目する音楽スタートアップを3つピックアップしてみました。

Soundrop ~誰かと一緒に音楽を楽しむ喜び~

 世界中でここ最近、ビジネスモデルが注目を集めているサブスクリプション型音楽ストリーミングサービス「Spotify」。Spotifyのユニークな点は、ブランドやメディア、サードパーティのサービスなどと音楽ビジネスのエコシステムを形成していることです。

 「Soundrop」はSpotifyのエコシステムから生まれたスタートアップで、新しい音楽の見つけ方と聴き方をソーシャルグラフのチカラで変えようとしている音楽サービス。簡単に説明しますと、音楽ファンどうしが好きな音楽のジャンルやアーティストの曲をリアルタイムで再生しながら聴くことができて、さらにチャットができるインタラクティブ性の高い音楽コミュニケーション・サービスです。

 膨大な楽曲数とジャンルを持つSpotifyのカタログをもとに、Soundropユーザーはさまざまなジャンルの仮想リスニングルームを設置していきます。その中でユーザーどうしが再生する楽曲をリストアップしたり、曲を聴きながら情報交換できる、シンプルな作りになっています。

 Soundropはそのユニークな機能で、同じ音楽を好きな人が一緒に楽しめる要素を加え、音楽を軸にしたコミュニケーションやインタラクションを可能にします。この機能は、音楽好きにとっての新しい楽しみ方を実現するだけでなく、プロモーションやマーケティングにも効果を発揮できるのです。実際に世界ではロビン・シックやImagine Dragonsといった大物アーティストが、プロモーション用に、ファンとのリスニング・イベントやチャットをリアルタイムで行う活動を行っています。

 Soundropは音楽リスナーとのエンゲージメントを最大化できるサービスとして評価され、Spotifyを使ったスタートアップとしては初めて、起業投資家からこれまで600万ドル以上の投資を受けて、なおも成長を続けています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Songza ~気分に合わせたプレイリストのキュレーションが可能~

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ジェイ・コウガミの“デジタル音楽の新潮流”連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ジェイ・コウガミ(ジェイ コウガミ)

海外の音楽とテクノロジーの動向を追いかけるブログを書いています。デジタル音楽をテーマに、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスや音楽サービス、新しいテクノロジー、業界の最新動向、クリエイティブなデジタルPR事例、企業の音楽マーケティングなどをいち早く日本で紹介しています。米国オレゴン大学卒。雑誌やオンラインで音楽関連の寄稿記事を書いています。Twitter: @jaykogami Facebook: jaykogami ブログ:http://jaykogami.com

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/10/31 16:30 https://markezine.jp/article/detail/18725

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング