SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

韓国SEM専門代理店最大手、イーエムネットとトランスコスモスが業務提携

 トランスコスモスは、韓国でSEM事業を展開するイーエムネット(eMnet)が実施した第三者割当増資などを引き受け、出資比率35%にあたる株式を取得するとともに、戦略的な業務提携を9月28日に締結したことを発表した。

 ソウルを拠点とするeMnetは2000年の設立以来、中小企業向けのSEM事業を展開し、2005年にはオーバーチュア広告売上げとして韓国国内で最高金額となる15億ウォンを達成、韓国で初のGoogleリセラーに選定されるなどの実績を重ね、SEM専業のインターネット広告代理店として売上高No.1を維持している。

 プレスリリースによると、韓国の2006年のインターネット広告市場は約8,900億ウォン(約1,068億円)、うちSEM市場の規模は約4,892億ウォン(約587億円)に達する。一方、電通が発表した2006年の「日本の広告費」によると、日本のインターネット広告市場は全体で3,630億円、うち検索連動広告費は930億円。今回の提携によって、トランスコスモスは同社の「デジタルマーケティングサービス」の韓国市場でのさらなる発展を目指す一方、2007年6月に株式会社イーエムネットとして日本進出を果たしたeMnetは、主に中小企業をターゲットに日本市場での展開を加速していきたい考えだ。

プレスリリース:「トランスコスモス韓国 SEM(検索連動型広告)分野で最大手のイーエムネット)(eMnet)と資本提携」 
参考:「2006年 日本の広告費 <インターネット広告費>」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

井浦 薫(編集部)(イウラ カオル)

MarkeZineで主に書籍を作っています。 並行して、MONEYzineにも力を入れています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 18:20 https://markezine.jp/article/detail/1883

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング