SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

大事なことは4つのみ! 数値を見てサイトを改善する方法

登録したユーザーを逃さないために見るべき指標(後編)
「定着」編

 サービス運営者にとって「リピーター」をいかに増やすかは大きな課題です。今回は、登録したユーザーが「継続」ではなく「定着」する過程を追いながら、データの見方を解説します。

「継続」と「定着」の違い

 前回の連載では、登録直後のユーザーをいかに逃さないか、という視点でどのような数値を見るかご紹介しました。今回はもうちょっと長いスパンで大雑把に把握し、長く使ってもらえるような分析のアプローチをご紹介します。その前に、今回使う用語について最初に定義を明らかにしておきましょう。

「定着」の定義について

 前回の「継続」では、あるサービスに登録した「翌日」や「2日後」などの対象日にサイトを訪問した/アプリを起動したUUを継続ユーザー、登録した人数を母数として、継続ユーザーで割った数を継続率としました。しかし、それでは利用シーンが週末に限定されたり、平日の利用があまり多くないサイトやアプリの場合、適切な指標とは言い切れません。また、曜日によって継続率が変動するケースもあります(例:翌日が休みの場合は継続率が高くなるケース)。

 今回テーマとしている「定着」は、1週間のうちに一度でもサイトを訪問した/アプリを起動したかどうかを見る指標で、7日間という期間があることが大きな違いです。

継続:「その日、サイトを訪問した/アプリを起動したかどうか」
定着:「その週のうち、一度でもサイトを訪問した/アプリを起動したかどうか」

 では、今回使う用語をいくつか説明しましょう。

定着数

 登録して、ある日から7日以内に一度でも訪問・起動したUUを定着ユーザー、その数を定着数とします。

7日定着数

 登録して翌日から7日目以内に一度でも訪問・起動したUUを7日定着数とします。

14日定着数

 登録して8日目から14日目以内に一度でも訪問・起動したUUを14日定着数とします。

7日定着率

 ある日の登録数を母数として、7日定着数で割った数値が7日定着率です。

例:12月1日の登録数:120
  12月2日~8日に訪問・起動したUUが60
  60 ÷ 120 = 50 %

 今回は、n日定着数とn日定着率とを用いて、どのようにサイトを分析して改善していくのかを紹介します。

7日定着率と14日定着率をまず出してみる

 さっそく、ある2つのゲームサービス「マーケジンクロニクル」「マーケジンドラゴン」の7日定着数14日定着数を算出してみます。

 7日定着率を出すと、その定義上、「7日定着率」で登録した日以降、起動していない、すなわち、当日で離脱したユーザーの割合がわかります。「マーケジンクロニクル」に関しては、100%-49%=51%となり、ユーザーが半分以上の割合で初日しか使っていないことがわかるので、前回の記事を参照し、いかに翌日来てもらうかを考えた方がよいでしょう。

 一方、「マーケジンドラゴン」に関しては、登録した翌日から7日間で6割がサービスを利用しており、7日定着率から14日定着率の下落幅も「マーケジンクロニクル」よりも低いので良いサービスのように見えます。

 「マーケジンクロニクル」には初日での離脱という要因もありますが、この2つのサイトにはどのような違いがあって、このような結果になったか追ってみましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
7日定着期間の訪問・起動日数を確認する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
大事なことは4つのみ! 数値を見てサイトを改善する方法連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

田宮 直人(タミヤ ナオト)

システムエンジニアとして、大手新聞社のサイトを複数立ち上げ、その後起業を経験。2011年にサイバーエージェントにエンジニアとして入社し、在籍中にアナリストに転身。その後、フリーランスとして、DMM、レバレジーズの解析周りのコンサル、構築、アナリストとして活動中。Twitterhttps://twitter.com/tamiyana

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/12/12 11:00 https://markezine.jp/article/detail/18955

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング