SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

料理本のミリオンセラーを次々と生み出す「レシピブログ」、“適創適所”で人気サービスを育てる粟飯原理咲さんインタビュー

 「料理本のミリオンセラーはここから生まれる」とまで言われる「レシピブログ」を立ち上げた、アイランド社長の粟飯原理咲氏。成功の裏側にある失敗から「クリエーションには、それが生きていくのにふさわしい場所がある」という想いに至ったという粟飯原氏のインタビューをお届けする。

100%文系女子がIT企業に就職

 粟飯原理咲氏が社長を務めるアイランド株式会社は、「おとりよせネット」「レシピブログ」「朝時間.jp」という女性に人気のサービスを運営している。的確に先を読み、時代をつかむ手腕を持つ女性起業家でありながら、その語り口にはどこか初々しさが漂う。だが、その社会人としてのスタートは失敗の連続だった。

― インターネットが普及し始めた1996年に社会人になられましたが、もともとIT系の仕事を希望されていたのですか?

 いえ、大学時代は100%文系で、NTTコミュニケーションズに就職して初めてインターネットに触れました。もちろんHTMLも分かりませんし、MacOSのことを「マッコスって何ですか?」と質問したり(笑)、社内ではきっと呆れられていたと思います。

アイランド株式会社 代表取締役粟飯原理咲(あいはら りさ)氏
アイランド株式会社 代表取締役粟飯原理咲(あいはら りさ)氏
NTTコミュニケーションズ、リクルート、「All About」マーケティングプランナーを経て、
2003年7月よりアイランド株式会社代表取締役。
日経ウーマン誌選出「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」2000年度ネット部門第1位、
2003年度同賞キャリアクリエイト部門第6位受賞。

― ネットサービスの企画に携わることになったきっかけは?

 当時所属していた部門が手掛けていたオンラインショッピングサービスについて、分からないなりに「この画面遷移はおかしいな」と思っていましたが、知識のない新入社員が言ってもおそらく誰も聞いてくれませんよね。それを何気なく社外の人に話したところ、「消費者のネットワークを作ってフィードバックすれば?」と言われたんです。

 そこで他のネット系企業の女性に、「オンラインショッピングについて女性視点で語るコミュニティに参加しませんか」とお声かけしたら300名ほどの方が参加してくださって。粟飯原に聞けばユーザーの声を把握できると、社内からも意見を求められるようになりました。

 そのコミュニティで話し合ったことはオープンに発信して、社会人1年目の終わりに『成功するオンラインショップ』(東洋経済新報社)という本にもなりました。技術を知らない文系女子でも会社や社会に価値を生み出せる。「インターネットって面白い!」とハマったことが、ネットサービスを企画するきっかけになっています。

「どうしてもこのサービスをやりたい!」という熱意が裏目に

― ITに詳しい同期の方とは違うかたちで自分の企画を実現できた。それは大きな自信になったのではないでしょうか?

 それがひとつ大失敗しまして。どうしても提案したいサービスがあったので、部長をトイレの前で待ち伏せまでして「このサービスをやりたい!」と訴えたのですが却下されて。でもあきらめきれずに、自腹でシステムを作ってデモを見てもらったんです。そうしたら、尊敬している部長から、ひとこと「君は卑怯だね」と。

 「面倒を見ている新入社員が自腹を切ってまで提案してきたのを断るのは、上の者にとってすごく辛いことだよ」と言われたとき、「これはごり押しだ」と猛省しました。部長からは「予算をあげるから気が済むまでやってごらん」と言われたのですが、会社に必要とされていないサービスを無理に通しても仕方ありません。改めて話し合い、個人的に展開することにしました。そのサービスは利用者が18万人ほどになり、最終的に楽天に買われました。結果的に、個人でやるという判断がこのサービスにとってよかったのだと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
オープン初日、全ページを作り直した「おとりよせネット」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング