SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネットイヤーグループ、ホットリンクとソーシャル・ビッグデータ領域において戦略的業務提携

 ネットイヤーグループとホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータ活用領域における市場啓発活動およびソリューション開発を共同で取り組むことに合意した。それに伴い、同社の代表取締役社長 兼 CEOである石黒不二代氏は、1月7日よりホットリンクの顧問に就任した。

 昨今、注目されているビッグデータには多種多様なデータが含まれるが、その中でも生活者がFacebookやTwitterなどのソーシャルメディア上で発言している声や、生活者の位置情報は重要な役割を担っている。生活者の声や位置情報に代表されるソーシャル・ビッグデータの活用は、製品開発、マーケティング、販促、カスタマーサポートなど企業内のさまざまな業務において変革をもたらす可能性を秘めており、ビジネスチャンスが生まれるものと考えられる。

 今後、ネットイヤーグループが持つデジタルマーケティング戦略の立案および施策に関するノウハウと、ホットリンクが持つTwitter、Facebook、ブログ、2ちゃんねる、掲示板などのソーシャル・ビッグデータの収集、分析、活用に関するノウハウを融合させることで業務上のシナジーを生み出し、両社のクライアントである日本を代表する企業に対して、ソーシャル・ビッグデータをクライアント企業の事業成長のため戦略的な活用支援していく。

【関連記事】
ネットイヤーグループが日本技芸を子会社化、クラウド型コラボレーティブウェア市場に参入
ホットリンク、米国Gnip社とTwitter、Foursquare、WordPressのソーシャルデータ日本独占販売代理契約締結
ホットリンク、金融ビッグデータのリアルタイム可視化・変動リスク予測ツールをリリース
マリンソフトウェアとBlueKaiが提携~オーディエンスデータと検索広告の融合を実現
フリークアウト子会社、オーディエンスデータをデータアーティスト社のLPOと提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/08 11:00 https://markezine.jp/article/detail/19111

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング