SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、全国の自治体と連携開始~「Yahoo!ショッピング」で特産品など販売へ

 ヤフーは、eコマース事業において全国の自治体などと連携し、1月15日より「Yahoo!ショッピング」で全国の特産品や名産品などの販売を開始した。

 スタート時点では、陸前高田市(岩手県)、南砺市(富山県)、松阪市(三重県)、武雄市(佐賀県)など19の自治体が参加。今後は、美瑛町(北海道)、石巻市(宮城県)、大阪府などの参加も決定しており、参加自治体数および取扱商品数をさらに拡大していく予定。

 同社は、日本のEC化率の向上と消費の活性化を目指し、昨年10月に「eコマース革命」と題して「Yahoo!ショッピング」のストア出店料(月額システム利用料)および売上ロイヤルティの完全無料化などの施策を発表した。その後3か月間で出店希望者が約9万件に上るなど、事業者を中心に大きな反響を呼んだ。

 「売り手(ストア)」のECモールへの出店における費用負担をほぼゼロにすることで、大手からスモールビジネスまで、様々な事業者が新たにECモールへ参加する可能性が高くなった。また、毎月の出店料など固定費が掛からないため、農作物や水産物など出荷の時期が限られる期間限定品も気軽に販売でき、産地直送の旬な商品などを中心に出品数増加を見込んでいる。

【関連記事】
ヤフーがマーケティングの新戦略を発表、プライベートDMP、プレミアムDSP、ビデオ広告、ビッグデータ分析で5社と協業
楽天優勝、ヤフーショッピング無料化など盛り上がるEC市場に情報提供 翔泳社、ネット通販情報満載『ECzine(イーシージン)』オープン
スマホECサービス「LINE MALL」来春グランドオープンに向けて、Android版プレオープン
ECサイトのコンテンツを雑誌形式で配信、まだ見ぬ顧客と出会うソーシャルコマースサイト「People & Store for Business」
ヤフー、EC新戦略で新規出店希望が急増、1日で1万店のストア出店申し込み

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/17 10:45 https://markezine.jp/article/detail/19152

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング