SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Adobe Digital Marketing Summit 2014」開催。今年のテーマは「マーケティング再創造」

 「Adobe Digital Marketing Summit」は、アドビ システムズが年に一度開催するマーケター向けカンファレンス。最新のデジタルマーケティングのトレンドから実践的なノウハウまで、8トラック、約100セッションが行われる。昨年までは2日間だったが、今年は3日間開催される。参加者も過去最多の5,500人が集まる予定で、これまでで最も大きな規模となる。

世界中からマーケターが集結した会場
世界中からマーケターが集結した会場

 25日の基調講演では先に報じたとおり、SAPとの協業が発表された。また、昨年発表された「Adobe Marketing Cloud」の新しいコアサービス、「Adobe Experience Manager」のバージョンアップ、モバイルアプリ開発のための新しいソリューションと機能などが紹介された。

 コアサービスには顧客や見込み客のプロファイル情報を一画面で管理できる「Master Marketing Profile」、プロファイルデータから顧客セグメントを作成し、Adobe Marketing Cloudで共有できる「Master Marketing Profile」、デジタルアセットを各ソリューションで同期、格納、検索、共有できる「Shared Assets」などがある。

コアサービスについて語るブラッド・レンチャー氏
コアサービスについて語るブラッド・レンチャー氏

 基調講演に登壇したアドビ システムズ デジタルマーケティング事業部門担当シニアバイスプレジデントのブラッド・レンチャー氏は、これまで「Digital Self」「The Last Millisecond」という言葉で、デジタル時代のマーケティングはどうあるべきかビジョンを提示してきた。今年は、さらに一歩進んで具体的な手段を提示したと言えるだろう。新しいテクノロジーを使ってマーケティングを再創造するときだ、というメッセージが込められた基調講演となった。

 Adobe Digital Marketing Summit 2014は、現地時間の28日まで続く。なお、MarkeZineでは後日、レポートを公開していく予定だ。

【関連記事】
AdobeとSAPが協業、「Adobe Summit 2014」速報
ハウス食品、グループ各社の主要サイトに「Adobe Marketing Cloud」導入
ヤフー、アドビと広告クリエイティブ制作分野で業務提携
「経営層にデジタルマーケティングを推進するリーダー役がいるか」日本は0%
日本IBM、ビッグデータから価値を抽出するビジネス・コンサルティングを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/26 18:46 https://markezine.jp/article/detail/19542

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング