SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

1日3回、話題のニュースをダイジェスト形式で配信!「LINE NEWS DIGEST」スタート

 LINE株式会社は、4月21日、同社が運営する「LINE」で展開するニュースサービス「LINE NEWS」LINE公式アカウントのリニューアルを行い、「LINE NEWS DIGEST」を開始した。イメージ画像とシンプルな記事タイトルによるダイジェスト形式でニュースの配信を行う。

 MMD研究所が2014年3月に実施した調査によると、スマートフォンを所有する20歳から49歳までのビジネスパーソンのスマートフォンでの情報収集方法として、「ポータルサイト」(72.0%)・「ソーシャルメディア」(43.6%)が多く利用され、「無料ニュース閲覧アプリ」は8.1%と1割を切る結果であった。一方で、「無料ニュース閲覧アプリ」利用者のうち約8割がほぼ毎日アプリを利用していた。このことから、ニュースアプリはニュース・情報収集に積極的な人が利用しているものの、その利用者層は限定的で、多くの人がニュース・情報収集に能動的でないという傾向が読み取れる。

 このような現状から、同社は「LINE NEWS DIGEST」を開始するに至った。「LINE NEWS DIGEST」は、朝(8時)・昼(12時)・夜(20時)の1日3回配信し、大きなニュースがあった場合は号外の配信も実施する。

【関連記事】
スマートニュース、グノシー等の無料ニュース閲覧アプリでの情報収集者は1割に満たず
スマートニュース、グノシー等、利用率が最も高いニュースキュレーションアプリは?
ニュースアプリの認知度・利用率は「LINE NEWS」が首位
はてな、ソーシャルニュースアプリ「Presso by はてなブックマーク」をiPhone向けに公開
マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/21 11:45 https://markezine.jp/article/detail/19777

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング