SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オリエンタルランド、舞浜以外のエリアでの新事業も視野に

 2013年度は2つのテーマパークの入園者数が期初予想を大幅に上回り3000万人の大台を超えた。今後のレジャー市場環境は、可処分所得の高い中高年層の人口増加や、東京オリンピック開催などによる訪日外国人旅行者数の増加などが想定されることから今後も東京ディズニーリゾートのさらなる成長につながると見込んでいる。

 こうした状況を踏まえて、オリエンタルランドグループは「2023ありたい姿」を掲げ、それに向けた最初の3年間として「2016中期経営計画」(2015年3月期~2017年3月期)を発表した。それによると、コア事業(東京ディズニーリゾート事業)の長期持続的な成長を実現するため、テーマパーク事業に10年間で5000億円レベルの投資を実行。これにより、入園者数レベルが2023年までに3000万人レベルとなることを目指す(これは現在から200~300万人レベルの増加となる)。

 また、中高年層の人口増加や訪日外国人旅行者数の増加などのマーケット変化に応じた事業基盤の形成に向けて、テーマパーク価値の最大化を図る。とくに中高年層の人口増加は、ファミリーを中心としたマーケットの成長へとつながる重要な要素と位置付けている。

 さらに、舞浜エリア外での新たな成長に向けた投資を実行し、2023年には新規事業の規模が1セグメントレベルとなることを目指すとしている。

【関連記事】
リーチ力1位は「野球」、支出喚起力1位は「東京ディズニーランド・シー」
ディズニーランドでやりたいこと、「キャラクターを独占したい」「かくれミッキーを作りたい」
米ウォルト・ディズニー、YouTube動画ネットワークのMaker Studiosを買収
若者向けの車を作れそうな会社は「アップル」「グーグル」「ディズニー」
LINE、ディズニーとスマホ分野におけるビジネス連携拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/02 10:00 https://markezine.jp/article/detail/19868

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング