SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

イベントレポート(AD)

ついに「Salesforce ExactTarget Marketing Cloud」登場! Barneys New Yorkも期待する機能とは?【Salesforce1 World Tour TOKYOレポート】

 6月10日、セールスフォース・ドットコムが「Salesforce1 World Tour TOKYO」を開催した。ここでは、同日に日本語版提供が発表された「Salesforce ExactTarget Marketing Cloud」に的を絞り、キーノートセッションの様子をお伝えしよう。

「顧客のインターネット時代」に最適なソリューション

 イベントのテーマは「顧客のインターネット時代へようこそ」。キーノートセッションでは、4月から代表取締役会長兼CEOに就任した小出伸一氏、取締役社長兼COOに就任した川原均氏が登場し、ビジネス概況やイベントの意図、プラットフォームSalesforce1を中心としたユーザー事例を紹介した。

 一通りの発表が終了した、キーノート終盤。 Salesforce ExactTarget Marketing Cloud(以下、ExactTarget)の日本語版の提供開始が発表された。ここで、米国セールスフォース・ドットコム、日本・アジアパシフィック担当SVP&ジェネラルマネージャーのリー・ホークスレイ氏が登場。製品の説明がされるとともに、マーケティングディレクター加藤希尊(かとう みこと)氏によるデモンストレーションが披露された。

米セールスフォース・ドットコム
SVP & ジェネラルマネージャー リー・ホークスレイ氏(左)
株式会社セールスフォース・ドットコム
マーケティングディレクター加藤希尊 氏(右)
リー・ホークスレイ氏(左)、マーケティングディレクター加藤希尊 氏(右)

遂に登場! 「ExactTarget」

 ExactTargetを紹介するホークスレイ氏は、次のように語る。「なぜセールスフォースが投資したか。理由は簡単だ。マーケティング業界が大きく変わりつつあるなかで、今までにないソリューションが必要になったからだ」(同氏)

 ExactTargetは、セールスフォース・ドットコムが昨年6月に買収を発表したデジタルマーケティングプラットフォームだ。顧客データの一元管理や、マルチチャネルでのマーケティングの展開、顧客の購買行動を分析するカスタマージャーニーの管理、データ分析などの機能を提供する。

 「20年以上マーケティングに関わっているが今ほどワクワクしたときはない。これまでマーケティングというと、DMやメールのように顧客に無視されるのが普通だった。だが、今は、スマートフォン上ですべてがつながるようになった。マーケターは、eメール、Web、Twitter、Facebook、モバイル、その他あらゆるデバイスがその先で顧客につながっていることを知っている。常にオンラインで常にマルチチャネル。デジタルマーケティングはすでにテレビを上回るような効果を生みはじめている。新しいマーケティング時代の幕開けと言っていい」(ホークスレイ氏)

 ホークスレイ氏によると、ExactTargetはこうしたメール、Web、ソーシャル、モバイルを統合して管理でき、リアルタイムで大量のトランザクションを処理できる真の意味でのユニークさを持ったソリューションだという。クラウドを活用することで容易にスケールでき、1日10億超のトランザクションを処理でき、小規模のNPOから大規模な企業までがまったく同じプラットフォームを利用できる。実際、ユーザー企業は、Citiグループ、Bank of America、会計ソフトのIntuit、Microsoft、スポーツサングラスのOakley、チケットのExpedia、GAP、Barneys New Yorkなど多岐にわたっている。

次のページ
ExactTargetが解決する3つの課題

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

齋藤 公二(サイトウ コウジ)

インサイト合同会社「月刊Computerwold」「CIO Magazine」(IDGジャパン)の記者、編集者などを経て、2011年11月インサイト合同会社設立。エンタープライズITを中心とした記事の執筆、編集のほか、OSSを利用した企業Webサイト、サービスサイトの制作を担当する。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/06/19 10:35 https://markezine.jp/article/detail/20255

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング