SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KAIZEN platform「PlanBCD」、広告クリエイティブとLPを横断した効果最適化実現へ

 WEBサービスのUI改善を実現するプラットフォーム「planBCD」を運営するKAIZEN platform Inc.は、広告配信事業者各社と連携し、A/Bテストにより、広告クリエイティブとランディング先のページやサイトをシームレスに横断した効果最適化を可能とする新機能を開発することに合意した。本取り組みの日本でのパートナーは、BrainPad、CA AdTech STUDIO、FreakOut、Fringe81、Geniee、MicroAd、Scaleoutを予定。11月より順次機能提供を開始していく。

 通常、広告配信において広告クリエイティブのA/Bテストを実施する場合、広告クリエイティブのCTRの最適化は可能であったが、各クリエイティブからランディングする先のページやサイトのクリエイティブはあらかじめ用意されているものが表示されるため、CVRの最適化に改善余地が残っていた。本連携により、広告クリエイティブのテスト結果に対応したクリエイティブを、ランディングする先のページやサイトでも自動で表示できるようになり、マーケティングROIの改善を実現する。

 また、同社は過去1年間サービスを運営する中で、大量のサイトログを解析し、事業成果に対してボトルネックとなっているページを特定できることを発見。広告、Eメール、ソーシャル広告からWebサイトまで、オンライン上のあらゆるユーザーエクスペリエンスの全てを解析することで、どこを直すと最終的な事業成果を向上させやすいかをレコメンドし、その解決が得意なグロースハッカーをマッチングするプラットフォームに「planBCD」を進化させていく。本機能群については年内のベータ提供開始を予定している。

【関連記事】
KAIZEN platformとIntimate Mergerが連携サービスを開始
Kaizen Platformが500万ドル調達、海外展開強化
クリエイターズマッチ「ADFlow」、3年で流通総額40億円突破/バナー・LP累計納品数10万本超
インフォマークス、楽天市場出店者向けA/Bテストツール「ABテスタfor楽天」を提供へ
売れるネット広告社、TVCM・新聞広告向けA/Bテストツールをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング