SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2014年上半期、モバイル経由での旅行予約20%超増加/アプリ内予約はモバイル全体の12%まで伸長

 Criteoは「Travel Flash Report」を発表した。同レポートは、2014年上半期を対象に、全世界の1,000を超える旅行サイトでモバイル経由で行われる予約(飛行機、ホテル、レンタカー、船旅、アパートなど)の割合と金額両方について調査したもの。

ホテル予約の2割はモバイル経由に

 同レポートによると、モバイル予約はデスクトップ予約よりも急速に増加。2014年上半期の間ではモバイルが20%増、デスクトップが2%増という結果に。スマートフォンおよびタブレット経由でのホテル予約は、全体の21%を占めた。

 また、モバイルの使用率が最も高かったカテゴリーは、個人間のアパートレンタル(全世界で34%)だった。モバイル予約の金額は、宿泊施設を除くすべてのカテゴリーで増加。さらにモバイル経由での平均予約金額は、デスクトップと比較すると飛行機が21%、レンタカーが13%それぞれ高かったものの、ホテル予約に関しては30%低くなっていた。

アプリからの予約はモバイル全体の12%まで伸長

 一方で、アプリ内での予約は、モバイル予約全体の12%を占めた。デバイス別の予約金額はカテゴリーごとに異なり、iPadで予約されたパッケージツアーは、Androidデバイス経由のものよりも平均600ドル高いことが明らかになった。ただし飛行機に関しては、Androidでの予約金額が他のすべてのモバイルデバイスを上回った。

FIFAワールドカップの影響でラテンアメリカのオンライン予約が一時的に急増

 地域別の主な結果としては、モバイルでの旅行予約の割合が最も高い地域はアジア太平洋(20%超)で、ブラジルとドイツは10%未満だった。旅行関係の広告主にとって、オンライン予約が一時的に最も増加した地域はラテンアメリカという結果に(42%増)。これは、ブラジルでの2014 FIFAワールドカップの時期と一致する。

 欧州および米国では、オンライン旅行代理店の予約はこの時期全体で50%増加したが、予約金額は19%減少した。ただしホテルサプライヤーにとっては、2月と6月にピークがあったものの、2014年上半期を通じて予約件数は安定していた。日本は2014年上半期の間に、モバイル経由での旅行予約が6%、デスクトップ経由が3%増加した。

【関連記事】
旅行予約サービス、スマホからの利用者増も1人あたりの利用時間はPCが2倍以上【ニールセン調査】
Tokyo Otaku Modeがオンライン旅行サイトのExpediaと連携、訪日需要の拡大目指す
「転職旅行」の推定市場規模1,290億円/3人に1人、転職が決まったら旅をする
DeNA、観光・旅行ガイドブックサービス「ガイドブックス」本格スタート
旅行を思い立つきっかけは友人や家族との会話、SNSでの発信目的も?【JTB総合研究所調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング