MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ネットショップ集客のおもてなし[2] 無料で窓口を増やす6つのテクニック

 対面接客できないネットショップだからこそ持ちたい、おもてなしの心。今回は、集客のおもてなしその2、無料版です。

ネットショップ無料集客、6つのテクニック

 前回は、Google AdWordsやスポンサードサーチに1日1,000円くらい投資し、「検索されやすいネットショップを作る」という集客のおもてなし手法を紹介しました。

 今回はなんと!無料の集客手法をお届けします。ただしここで言う無料とは、制作費や管理費を除いた、媒体に掲載する費用がかからないことを意味します。

 ネットショップに無料で集客する、6つのテクニックは以下のとおりです。

  1. 商品を大量にアップする
  2. お店を増やす
  3. 検索を意識したブログを書く
  4. 基本のSEO+コンテンツ更新
  5. 3つのソーシャルメディアを運営する
  6. 名刺や段ボールなど、オフライン接触を活用する

 それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.商品数を大量にアップする

 これは「ロングテール」とも言われる手法ですが、商品があればあるだけ、ネットショップにアップしましょう。商品数が増えるほど窓口が増え、アクセスしてくださるお客様も増えます。

 商品数が少ない場合は、1つのモノから複数の商品を生み出しましょう。どうするかというと、2つセットや3つセット、代引きやカード払いごと分ける、おまけ付きにするなどです。

 これは、ユーザーにもメリットがあります。2つ欲しい場合はカートの商品数を[2]とする手間が省けますし、3つセット以上なら1つあたりの価格を割り引いたり、ポイントを多めに付与してもいいでしょう。

2.お店を増やす

 お店が増えれば、お客様がアクセスする窓口も増えます。最近は無料でネットショップを開けるサービスや、CtoCのアプリが多数出てきているので、積極的に活用しましょう。

 ただし、当然ながら管理の手間も増えるので、多店舗管理ツールを導入したり、労力と相談して進めましょう。(続きはECzineで

【関連記事】
買い手と売り手から見た「楽天市場」と「Amazon.co.jp」の違いとは?
Yahoo!ショッピングに出店すべきか 儲けとスマホ対応から考える
主要3モールに出店したら知っておきたい DeNA、Qoo10、YAMADA、ポンパレモールはここが違う!
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5