SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Criteo、クロスデバイス広告ソリューション発表~デバイスを超えてパーソナライズ広告の配信が可能に

 Criteoは、クロスデバイス広告ソリューションを全世界で提供開始することを発表した。同ソリューションによって、デバイスを横断してユーザの行動履歴を一元的に認識し、パーソナライズされた広告を確実かつ大規模に展開することが可能になる。広告主はこのソリューションを通じて、複数のデバイス・スクリーンにわたってパーソナライズされた広告を消費者に配信し、エンゲージメントを築くことができる。

 パソコンの世帯保有が80%を超える日本において、スマートフォン、タブレットデバイスの保有数とそれによるインターネット利用時間は急増している。そのような背景から、広告主やマーケティング担当者にとって、複数のデバイス・スクリーンにまたがって消費者にリーチすることが重要になっている。

 この度発表したクロスデバイス広告ソリューションでは、広告主から提供されるユニークな匿名識別子を用いることで、ユーザがCriteoネットワーク全体で複数のデバイスにまたがっていたとしても正確に識別。アプローチと購買意欲判定アルゴリズムを活用し、全世界で7,000を超えるパブリッシャー上で、消費者を再エンゲージさせることができる。

【関連記事】
PublicisがCriteoを買収との報道
Criteo、スマートフォン向けSSP『AdStir』と接続~アプリ内広告の配信を開始
全世界のEC総売上66%はAndroid端末経由/平均購入額はホテル予約が最も大きい【Criteo調査】
Criteo、英米のディスプレイリターゲティング企業第1位に~リテイルサイト市場のシェア英国で41%
Criteoのリーチは「Googleディスプレイネットワーク」に次いで2位、日本は88%でトップ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング