SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、「検索結果とプライバシーに関する有識者会議」設置

 ヤフーは、「検索結果とプライバシーに関する有識者会議」を設置し、11月11日に第1回有識者会議を開催する。委員長には、内田貴氏(東京大学名誉教授、弁護士)を迎える。今後、有識者会議を複数回実施し、一連の検討内容を踏まえ、2014年度中をめどに同社としての検索結果の表示に関する考え方を整理して公表する予定だ。

 インターネット検索サービスが社会に広く普及するなか、日本においても検索結果に表示される情報の削除を巡って、さまざまな意見が述べられてきた。この問題について、裁判所では民法の不法行為の枠組みを踏まえてプライバシー保護を図ってきており、従来からプライバシーと「表現の自由」や「知る権利」とのバランスに配慮しながら、削除の適否が判断されてきている。

 検索サービスは、多くの検索サービス利用者の「知りたい」というニーズに応え、また、情報を発信する無数のインターネットユーザーの「表現の自由」にも貢献するサービスである。同社では、ある情報を検索結果に表示すべきか削除すべきかの判断について、「表現の自由」や「知る権利」とのバランスを考慮すると同時に、削除を求める方々への対応が不十分だと受け止められないよう対応していく必要があると考えている。このような背景から、今回の取り組みに至った。

【関連記事】
ヤフーが「Twitterプロモ商品」の提供開始~ソーシャルメディアマーケティングの導入を推進
ヤフー、Yahoo!地図で紅葉情報の提供を開始
ヤフー、お出かけ情報に特化したキュレーションアプリ「Yahoo! Sonomy」を公開
10代の半数以上が音声検索を毎日活用、その利用シーンとは?【Google調査】
ヤフー、「みんながさがした10年間 検索ワードランキング総集編」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/11 09:30 https://markezine.jp/article/detail/21345

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング