SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Yahoo!プレミアムDSP」にアドベリフィケーション機能導入へ~ブランド保護強化が目的

 ヤフーは、インターネット広告の掲載面を評価し、ブランドを保護するアドベリフィケーション機能をYahoo!プレミアムDSPに導入すると発表した。これは、Yahoo!プレミアムDSPの広告配信先拡大に伴うもので、導入は来春を予定している。

 RTB広告市場は、ディスプレイ広告市場の規模拡大に比例して引き続き成長していくものと推測されている。その成長を受けて、広告配信プラットフォームであるDSPによる広告配信量も増加傾向にある。しかしDSPは、大規模な広告配信を効率的に実現する一方で、広告主のブランド価値低下を招くような不適切なサイトに配信される可能性があることが課題の一つとして考えられている。そのため、事前にDSPで掲載されるサイトを評価し、ブランドを毀損するようなサイトへの広告配信をコントロールするブランド保護ツールの導入が、急務となっている。

 今回導入する機能は、今年9月に業務提携を行った米インテグラル社が提供するブランド保護ツール「Brand Safety」をローカライズし、日本市場向けに開発したもの。画像を含むサイトの文脈を理解しながら、入札するサイトをリアルタイムで検証し、サイトリスクを判定することで、優良なサイトにのみ広告を配信することができる。また、日本語の学習を通し性能がブラッシュアップされていく機能を保持していることや、検証において単語だけでなく文章で判断できることも特長だ。

【関連記事】
はてな、フリークアウトとアドベリフィケーション機能を共同開発
マイクロアド、「MicroAd BLADE」にアドベリフィケーション機能搭載
「2013年 日本の広告費」、総広告費は5兆9,762億円で2年連続増加~運用型広告は引き続き急成長
ニコ動のプレロール型動画広告がRTB買付可能に/DSP「FreakOut」と「Adap.tv」接続
ヤフー、「検索結果とプライバシーに関する有識者会議」設置

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/14 13:00 https://markezine.jp/article/detail/21371

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング