SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Time社がコンテンツ・レコメンドのOutbrainと複数年契約、1億ドル以上の利益を生み出すと期待

 Outbrainは2006年設立。本社は米国ニューヨーク、開発拠点はイスラエルにある。PV向上のための無料サイト内レコメンデーションと、ネイティブ・マネタイゼイションを実現する外部コンテンツレコメンデーションを提供しており、読まれた記事や読んだ人の興味関心に適した外部サイトの記事をリンクで紹介することで送客をはかる。Time社はOutbrainのソリューションをフルに活用するため、同社と複数年契約を締結。このパートナーシップによって1億ドル以上の利益を生み出すと期待している。

 Time社はPeople、Sports Illustrated、InStyle、Real Simpleなど、雑誌とデジタルのブランドを保有し、高品質なコンテンツをブランドセーフな環境で提供している。Time社は昨年デジタル領域で大きく成長しており、ひと月あたりのユニークユーザーは1億3100万人。四半期のページビューは60億以上、ビデオストリーミングは1年間に200%以上増加した。

 Outbrainのフルスタックのソフトウェアソリューションによって、組織全体でオンラインコンテンツとアプリなどでのユーザー体験のより効率的な管理を実現。そのツールは、編集の意思決定と、予測的な分析およびアルゴリズムによって生成されるコンテンツ・レコメンデーションを結合し、Outbrainのプレミアムなパブリッシャー・ネットワークを通じてTime社が保有するサイトへオーディエンスを流入させる。

【関連記事】
博報堂DYIS、Outbrainのプラットフォーム活用した 「レコメンド・ブースト」提供開始
オールアバウトがネイティブ広告の販売を開始、AntennaやOutbrainなどからの誘導も実現
アウトブレイン、コンテンツ流通をワンストップで実現する「Outbrain PR Boost」リリース
Time社が動画ビジネス戦略を拡大、テレビ界のパートナーとSVODを含む動画ビジネスモデルを構築
TIME誌が表紙に広告を掲載、雑誌ビジネスへの波紋

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/19 11:45 https://markezine.jp/article/detail/21414

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング