SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビットバンク、ビットコインが無料でもらえるリワードサービス「ビットコインゲット」開始

 リワードサービス「ビットコインゲット/ bitcoinGET」は、世界レベルで普及が進むビットコインを、アプリのインストールや金融サービスの口座開設などの簡単な条件を満たすことにより基本無料で受取ることができるリワードサービス。

 「リワード(reward)」とは「報奨金」という意味だが、インターネット広告では、広告主が事前に提示した条件をクリアすることによってユーザーが報酬を受け取るサービスを指す。ビットコインゲットでは、700〜1000件ほどのリワード案件を紹介。条件を満たすことで、ビットコインと交換可能なポイントを受け取って貯めることができる。

 ビットコインゲットの対応デバイスは、スマートフォン・タブレット(iOS、Android)とPC。ブラウザでサービスを開始し、近日アプリ版の提供を予定している。同じアカウントでログインすることで、スマートフォンでもPCでもポイントを貯めることが可能となる。

 ポイントはビットバンクが提供している「ビットバンクウォレット」(ビットコインを管理するデジタル財布)のアカウントと紐付けることによって、1ポイントあたり1円換算で1ポイントからビットコインと交換可能。なお、ビットバンクウォレット内でビットコインを日本円に交換し、ユーザーの指定する銀行口座へ払い出すサービスも12月中旬にスタートする予定だ。

 ビットバンクは、ビットコインゲットを起点に、ビットコインをかんたんに購入・管理できる「ビットバンクウォレット」、日本初のECサイトや店舗店頭でのビットコインを使った決済ソリューションである「ビットバンクペイ」の普及を同時に行い、日本のビットコイン市場育成を目指す。

【関連記事】
ビットコイン取引所「QUOINE」が日本に本格参入、代表は元サイバーエージェントFXの福寄氏
アップル、アプリでの仮想通貨による取引を容認
仮想通貨「Amazon Coins」スタート
「LINE」でつかえる仮想通貨「LINEコイン」導入、占いサービスもスタート
アマゾン、Amazon Androidアプリストアで使える専用通貨「Amazonコイン」の提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/26 11:15 https://markezine.jp/article/detail/21459

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング