SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

最新科学にもとづくゲームで脳を鍛える「脳トレアプリ」のLumosity、日本法人を設立

 Lumosityは、記憶力、注意力、柔軟性、処理速度、問題解決能力を鍛えるゲームを20タイトル以上提供しており、世界に6000万人以上のユーザーを持つ。日本は、英語圏以外ではじめてWeb、iOS、Androidのすべてのプラットフォームで製品を展開する国となる。

 Lumosityには無料版とプレミアム版があり、無料版では毎日3種類のLumosityゲームをプレーでき、プレミアム版では、さらに詳細なデータ分析および追跡機能が利用可能で、ゲームライブラリ全体にアクセスできる。プレミアムメンバーは、自分のパフォーマンスを他のユーザーと比較したり、脳の領域別のパフォーマンスを分析したり、プレーしたゲームの完全なトレーニング履歴と鍛えられた脳の領域をモニターすることができる。プレミアムメンバーの料金は、月額1,500円、または年間8,200円。 

 Lumosityのモバイルアプリは、これまでに3000万回以上ダウンロードされ、2014年Googleベストアプリを受賞。iPhoneアプリは72カ国で教育カテゴリー第1位、iPadアプリは111カ国で教育カテゴリーの第1位を獲得している。

 アプリは、長年、研究機関で利用されてきた神経心理学ツールと、社内チームのデザインによる新規ツールをベースとしている。Lumosityは外部の学術研究者とも協力。加齢、栄養学、ストレス、各種疾患など広範なテーマの調査のための研究ツールとしてLumosityへのアクセスを無償で提供。現在、ハーバード大学、スタンフォード大学、コロンビア大学などの47の機関の研究者と62件の調査を実施している。

【関連記事】
知的対戦ゲーム「BrainWars」、リリースから半年で700万ダウンロード突破
NTT・慶大ら、脳波分析で家電操作を実現する「ネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース」
脳波測定とアイトラッキングで、売り場の問題点を発見する「売り場ドック」
クックパッド、「子育て支援」サービスを拡充~月齢別レシピの閲覧サービスや知育アプリを展開
グリーと千葉大学教育学部、ゲームと学びに関する授業を共同で実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/18 17:45 https://markezine.jp/article/detail/21645

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング