SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

英メディア「Guardian」がマーケティングチームを強化、読者のニーズの変化をつかめ!

 Guardian News & Mediaは2014年12月10日、マーケティングチームに新たな役職を設け、経験豊富なふたりのメンバーを迎えいれたと発表した。Charlotte Putnam氏は、オーディエンス&インサイトのディレクター(director of audience and insight)、Sonia Sudhakar氏はデジタル・グロースのディレクター(director of digital growth)という、新たな役割を担うことになる。

director of audience and insightに就任したCharlotte Putnam氏
director of audience and insightに就任したCharlotte Putnam氏

 Putnam氏は20名のオーディエンスインサイト・チームを率いて、印刷媒体、デジタル、ソーシャル・プラットフォームにおける読者のニーズの変化を理解するためのリサーチとインサイトにフォーカス。Guardianのデータサイエンスチームと密接に協力し、編集と運営の責任者にオーディエンス理解のための情報を提供する。

 彼女は、コンテンツマーケティングのJohn Brown Mediaで英国とインターナショナルのストラテジー&インサイトの長として、戦略のディレクションとクライアントのリサーチプロジェクトを担当。それ以前はオムニコム・メディア・グル―プのインサイトチームを率いた。

 一方、Sudhakar氏はグロース・ディレクターとして、マーケティングおよびデジタルプラットフォーム全体でのオーディエンス・グロースを担当。特にソーシャル、ビデオ、モバイル、メールにフォーカスする。彼女は13名のチームを率いて、高度に参加型のデジタルブランド体験を構築する。

director of digital growthに就任したSonia Sudhakar氏
director of digital growthに就任したSonia Sudhakar氏

 Sudhakar氏の前職は、英国の民間放送局ITVのデジタル&オンデマンド・マーケティングのディレクターで、同局のテレビ視聴アプリ「ITV Player」ブランドとデジタルマーケティングの責任者。それ以前は、Virgin Media、Telegraph Media Group、lastminute.comでキャリアを積んだ。彼女は、ソーシャルメディアのエンゲージメントを利益に変換することに関心を抱いており、Guardianでの新たな役職においても、それが主要な焦点となるとしている。

【関連記事】
バイラルメディア「BuzzFeed」がデータ基盤強化、現代メディアのコアは「データとテクノロジー」
BuzzFeedがアプリ開発会社を買収、ニュースと動画アプリの開発をエンジニア30名体制で加速
New York Times、新役職「エディター・フォー・イノベーション&ストラテジー」を設ける
Time社がコンテンツ・レコメンドのOutbrainと複数年契約、1億ドル以上の利益を生み出すと期待
スマートニュース、元米コンデナスト社のバーニー・デイヴィス氏が参画~米国市場へ本格展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/05 14:00 https://markezine.jp/article/detail/21696

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング