SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、ビューアブル動画インプレッション限定ターゲティングを年内開始、動画の可聴性もレポート

 GoogleのVideo & Display Advertisingの統括責任者であるNeal Mohan氏は6日、ラスベガスで行なわれたCESで動画広告に関する2つの発表を行った。ひとつは、プレミアム動画マーケットプレイス「Google Partner Select」に参画する企業が30社を超えたこと。

 2014年6月に「Google Partner Select」がローンチして以来、参画した放送局やパブリッシャーは、CBS Interactive、Fox News、Discovery、Animal Planet、TLC、HGTV、Food Network、Cooking Channel、Travel Channel、Hearst Television、Rolling Stone、Us Weekly、Men's Fitness、PGA Tourなど30社を超えた。これらの在庫はすべてGoogle Partner Selectでのみ利用できる。また、20社以上の主要なブランド広告主から引き合いがあり、Allstate、BMW、Netflix、およびこれらの企業のエージェンシーが、Google Partner Slectを通じて広告を買うために契約している。

 Mohan氏はさらに、動画キャンペーンのビューアビリティ・レポーティング機能を、DoubleClickプラットフォーム、およびDoubleClick Ad Exchangeの利用者にまもなく提供を開始すると発表。この機能はYouTubeのデスクトップとモバイルの予約型在庫(すべてのGoogle Preferredを含む)でも利用可能になる。

 今後数か月のうちに、GoogleはDoubleClickでビューアブル・インプレッションへのターゲティングを可能にするとしており、同様にGoogle Display Networkでビューアブル動画インプレッションのみを買い付けることが可能になる。また2015年後半に、動画広告のオーディビリティ(audibility:可聴性)や、動画広告がビューアブルな時間の総量もレポートするとしている。

【関連記事】
Google、ディスプレイ広告のビューアビリティ調査結果を発表、目視不能な広告は56.1%に
「現状では100%ビューアビリティ実現は無理」、IABが発表した広告業界が厳守するべき7つの原則
GroupMとコンデナスト、広告のビューアビリティ向上でパートナーシップを締結
米Yahoo!、100%ビューアブルインプレッションをベースにしたディスプレイ広告の測定手法「Yahoo! Prime View」を発表
MRC、ディスプレイ広告と動画広告のビューアブルインプレッション測定についての最終的なガイドラインを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/07 12:00 https://markezine.jp/article/detail/21707

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング