SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「駅すぱあと」のヴァル研究所と丸紅情報システムズ、名古屋と大阪でBeacon実証実験を開始

 ヴァル研究所と丸紅情報システムズは、新たな情報発信モデルを電鉄沿線周辺地域の店舗に向け展開するため、実証実験を開始した。同実験では、駅周辺案内看板に設置されたBeacon端末からAndroidスマートフォン用アプリ「駅すぱあと for Android」へ、各駅周辺のMAPや周辺に立地する店舗の情報を発信し、スマートフォン上に表示する。

 店舗にもBeacon端末を設置することで、駅周辺案内看板から情報を受信した人数および、実際の店舗の来店数を計測し、駅周辺情報受信者に対する周辺店舗への誘導効果を測定する。また、実証実験の期間中にiPhone用アプリ「駅すぱあと for iPhone」最新版もリリース予定で、併せて効果が測定される。

 Beaconの展開には情報を受信する側のスマートフォンに対応アプリのダウンロードが必要だが、その誘導が難しい。そのため、丸紅情報システムズは受信ユーザ拡大に課題を抱えていた。ヴァル研究所の「駅すぱあと」には400万人以上のダウンロード済みユーザがいる(2014年11月30日時点)。これらのユーザに全国の駅周辺案内版からの広告配信を組み合わせることで、情報発信モデルを展開してゆく計画。

【関連記事】
JAL×DNP、i Beaconを活用した搭乗便情報提供を目指した実証実験を開始
ゼンリンとタグキャスト、ジオフェンシングとBeacon活用したO2O実証実験を埼玉県で実施
渋谷マークシティでiBeaconを活用したデジタルスタンプの試験運用がスタート
iBeaconを活用して施設内の顧客導線を解析!名古屋PARCOで顧客導線調査を実施
丸紅情報システムズ、モバイルマーケティング向けデバイス「NAVIシリーズ」にBeacon採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/16 08:00 https://markezine.jp/article/detail/21754

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング