SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

私たちのWebサイトには来ないでください。「続きはWebで」の真逆をいくテレビCM

 最近、外に出て体を動かしたのはいつですか? カナダでは、「外に出て遊ぼう」というメッセージをユニークな表現で伝えています。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2015年
 国名:カナダ
 団体名:ParticipACTION
 業種:非営利団体

“追いやられてる感”がハンパないです

 今回は、国民の健康的で活力のある生活を推進するカナダの団体「ParticipACTION」が実施したユニークなTV-CMをご紹介します。

 CMは広場でホッケーに興じる子供たちの姿から始まります。

 すると、右端から真っ黒のスペースが徐々に増えていき、彼らが遊べるスペースがどんどん狭くなっていきます。

 ついには画面の大半を黒いスペースが占める状態に……。画面の端に追いやられてしまい、子どもたちはどうしたものか、と佇むしかありません。

 そして、このメッセージ。

 Screen time is taking away from play time. Make room for play.
 (テレビゲーム機・スマホなどのディスプレイを見ている時間が、外で健康的に遊ぶ時間を奪い去っています。外で遊ぶ時間を確保しましょう。)

 画面に徐々に広がっていく真っ黒のスペースを、子供たちが“デジタル端末のディスプレイを見ている時間”に見立て、狭まっていく『遊んでいる空間・場所』を『遊んでいる時間』に置き換えることにより、直感的にメッセージを訴求しています。

 そして、このCMは次のメッセージで終ります。

 Don’t visit our website.
 (私たちのWebサイトには来ないでください。)

 PCやスマホの画面でWebサイトを見ている時間があったら、外に出て体を動かしましょうよ”というニュアンスでしょうか。よくある「続きはWebで!」・「詳しくはWebで!」といった“Webサイトへの誘導まで狙ったCM”を引き合いに出した、ウィットに富んだメッセージです。

 徐々に広がっていく真っ黒のスペースを見せ、視聴者にまず「何が起こっているんだろう?」と思わせることにより、訴求したいメッセージが浸透しやすい状態を生み出したユニークなCMでした。

動画はこちら

 

参考サイト

 Ads Of The World

先週の紹介キャンペーン

 公開1ヶ月弱で2200万再生!コカ・コーラがスマホ依存の現代人へ捧げる、人生を楽しむためのヒント

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/21 08:00 https://markezine.jp/article/detail/21767

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング